« いちご大福 | トップページ | シフォンケーキ »

2011年2月10日 (木)

西村京太郎 『新神戸愛と野望の殺人』

『新神戸 愛と野望の殺人』

西村京太郎 著

発行:新潮社  840円(税込)

新大阪から新神戸に向かう新幹線「こだま」。そのわずか十五分間に、女性デザイナーの尾西香里が殺された。さらに、その告別式で、夫の愛人が毒殺される。十津川警部の捜査で、香里の京都での浮気相手、ファッション界のドン・木下正道の存在が浮かび上がる。しかし彼には、事件当日、姫路にいた完璧なアリバイが…。時刻表のアリバイに挑む、長編トラベルミステリー。

Book2011020012

久しぶり?の時刻表に関連したミステリー。2~3日で一気に読んでしまいました。時刻表トリックではありませんが、久しぶりにワクワクするミステリーでした。

 

今年6冊目、ここしばらく、読書がすすむ君になっています。村上春樹著「東京奇譚集」もまもなく終了できそうです。

|

« いちご大福 | トップページ | シフォンケーキ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/50805726

この記事へのトラックバック一覧です: 西村京太郎 『新神戸愛と野望の殺人』:

« いちご大福 | トップページ | シフォンケーキ »