« 村上春樹 『東京奇譚集』 | トップページ | 写真でつづる 福島交通70年の歩み »

2011年2月15日 (火)

仙台四郎

仙台四郎について Wikipediaによると

江戸時代末から明治時代に仙台に実在した人物。本名は芳賀四郎。知能障害で話すことができなかったが、四郎が訪れる店は繁盛するとして存命中から各地でもてなされた。没後、商売繁盛の福の神としてその写真が飾られるようになった。

詳しくは こちら で

先日、亘理の「あら浜」でかき飯を食べたとき、このお店にも飾ってありました。宮城県のお店では結構見かけます。

Ph20110206p

↑携帯の写真なのでボケてます、カウンターの後ろに仙台四郎の写真と置物が、その前にお酒&お水&お菓子が??

Ph20110206q

|

« 村上春樹 『東京奇譚集』 | トップページ | 写真でつづる 福島交通70年の歩み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ippuさんへ
商売繁盛のお守りみたいなものでしょうかね?

投稿: しゅうちゃん | 2011年2月16日 (水) 18時13分

hibochanさんへ
仙台の初売りは有名ですね。
記憶では、福島から『仙台初売り臨時列車』が出ていたはず。
仙台市内の多くのお店には、四郎さんが居ますね。

投稿: しゅうちゃん | 2011年2月16日 (水) 18時08分

≪仙台四郎≫
知りませんでした。
人形の写真を見せてもらいました。
ありがとうございました。

投稿: ippu | 2011年2月16日 (水) 08時45分

名前は 聞いたことがあります。
確か初売り茶箱に入れた豪華な賞品が定番だとか
その時聞いたようなのですが

投稿: hibochan | 2011年2月16日 (水) 08時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/50832675

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台四郎:

« 村上春樹 『東京奇譚集』 | トップページ | 写真でつづる 福島交通70年の歩み »