« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

新作花火コレクション2011

一気に寒くなりました。今日一日中雪が舞っていました。積もるほどではありませんでしたが、冬に逆戻りです。

そんな時になんですが、久しぶりの花火ネタ。

早、明日から3月。

3月19日(土)に大曲で新作花火コレクション2011が開催されます。

konyさんのブログによると

『今年の大会は、記念すべき20回大会となり、11回から19回までの受賞者のみを集めた「グランドチャンピオン大会」と銘打って開催するものとなる。』

とのこと、行ってみたいけど19日は絶対に会社を休めない(;ω;)

主催

新作花火コレクション2011実行委員会(NPO法人大曲花火倶楽部)

詳しくはこちら

昨年行かれた方の話では、本当に寒かったそうです。会場がスキー場なのであたりまえか。

 

さらに、2011年7月26日(火)開催の新潟県柏崎市 ぎおん柏崎まつり「海の大花火大会」有料観覧席の発売は、4月11日(月)AM9:00から 春を越して夏で~す。

相方が気に入って、大好きな花火大会。今年は平日開催、行けるかな?

有料観覧席でなくても、広~い海岸なので十分堪能できるし、今回もこちらの有料席はパスですかね。

詳しくはこちら

↓昨年の柏崎花火大会の様子です。尺玉100発一斉打上げがみごとです。

http://fuku-ozisan.cocolog-nifty.com/blog/2010/07/post-7fa9.html

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

春を感じに

本日2回目の更新です。

昨日、会津方面へドライブして車が真っ白。洗車をするために午後からGSへ。

なんとなく、春の匂いを感じたくて、花見山公園へ行ってみました、いつものGSから車で数分、誰もいないと寂しいなと思ったら、恐るべし花見山!!この時期でも県外ナンバーも含め20数台の車。

Ph20110227c

残念ながら、咲いている花は少ないですが、ものすごく花木の匂いがいい気分になりました。

花が満開の季節に大好きな場所から↓昨年4月11日撮影の写真と比べてみます。

Hanamiyama20111

沢山の写真を撮ったのですが、しゅうちゃん花の名前弱くて???とりあえず、載せてみます。クリックすると大きくなります。

Ph20110227d  Ph20110227e

Ph20110227f  Ph20110227g

Ph20110227h  Ph20110227i

Ph20110227k  Ph20110227o

花見山公園の園主、阿部さんの家業「花卉園芸農家」の商品が、温室の内外に!

Ph20110227l

Ph20110227m

自販機の横に、出荷間近?の桜?

Ph20110227n

花見山公園は個人所有の山を解放しています。約束事は守りましょう!

Ph20110227p

| | コメント (6) | トラックバック (0)

雪の大内宿へ

昨日天気も良く、道路状況もよさそうなので、冬の大内宿へ初めて行ってみました。

芦ノ牧温泉で立ち寄り湯のあと、大内宿へ。国道118号を右折して5キロ程入るのですが、国道118号に右折車線も信号機もないので、ハイシーズンは激込です。

Ph20110226m

日陰の一部を除き、道路には雪が無く、順調に駐車場へ。後払いで料金は普通車300円です。右奥に見える建物はトイレです。

Ph20110226b

駐車場から徒歩1分程で、大内宿です。観光バスも多く、観光客も結構多かったです。

Ph20110226a

紅葉の時期もいいですが、雪の大内宿もいいものですね。ただし、足元は注意して歩かないと、滑りそうです。

↓一番奥の高台に観光客がいますが、あの場所はパンフによく出ている風景が望める場所なのですが、雪の残る階段を登らなければいけないので、パスです。

Ph20110226l

↓お昼ご飯は別な所で食べる予定だったので、有名な『ネギそば』は遠慮し、ここでは『じゅうねんみその焼だんご(300円)』を2人で1本頂きました。

Ph20110226i

Ph20110226j

焼だんごを食べていたら、手押し車を押しながら歩く地元のばあちゃんが、思わずパチリ。観光客も写らず、自己満足の1枚です。↓

Ph20110226d

写真を沢山撮ったので、縮小して紹介します。↑↓全ての写真はクリックすると拡大します。軒先の「つらら」と「干し大根」いいですね。 

Ph20110226e  Ph20110226f_2

Ph20110226c  Ph20110226g

Ph20110226k  Ph20110226h

Ph20110226n  Ph20110226o

Ph20110226p   

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

確定申告

今年も確定申告の季節です。

しゅうちゃんも申告します。

他に収入があるのではなく、医療費控除で~す。少しでも戻りますからね。

年間10万円以上の医療費を払っているってことなのです。

健康なら、不要な出費なんですがね。

ネットで申告書を作成できるで便利です。明日の日曜日は受付てくれるので出してきます。

先日届いた、医療費のお知らせです。見ずらいですが、1年間で自己負担13万円弱。

Ph20110221z_2 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

秘密のケンミンSHOW

昨日の日テレ系で放送された、秘密のケンミンSHOW。

福島県民はめずらしいドーナツを食べている と番組欄に書いてあったので番組を見たら「凍天(しみてん)」が放送されていました。

美味しいのは、おいしいのですが?「木の幡」さんのお菓子ですからチョットね!番組で取り上げること???

凍天はこちらから

昨晩は、「木の幡」さんのHPがまったく繋がらない状態に!テレビの影響ってすごいと感じました。

「凍み餅(草もち)」の方が珍しいのではないですかね。凍み餅の写真はこちらから

 

それより

同じ番組で紹介された

『横手市周辺に住む秋田県民は、きゅうりをワカメの酢の物に缶詰のみかんとシロップを入れて食べる!?』

ん?

我が家も、みかんの缶詰あれば、入れるけど。砂糖も少し入れるけど。

これって普通じゃないんだ。知らなかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

サティ

記念にパチリ。

1998年10月に開店して12年、福島サティの名前が消えますね。

Ph20110222d

Ph20110222e

お店が無くなるのではなく、3月1日から「イオン福島店」に。

日本全国のサティの看板、一晩で変えるのかな?するか?3月1日が楽しみです。

平日の日中は、結構かんさ~んです。大丈夫ですかね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

微温湯街道

先日、うどん屋さん「里の坊」さんの記事を書いていて、なにげなく微温湯(ぬるゆ)街道と書きましたが。

正式には福島県道126号。↓里の坊さんの前の「ぬるゆ街道」から吾妻小富士方面を望んだところです。

Ph20110220l

昔は狭い道だったのですが、今や両側に歩道の付いた道路に変貌。福島市太田町から終点が吾妻山の麓にある、ぬるゆ温泉旅館二階堂となっています。

このぬるゆ温泉、温泉の温度が31℃ なので「ぬるゆ温泉」になったと言われている。眼に聞く温泉らしいです。しゅうちゃんは残念ながら行ったことがありません。

旅館のHPはないので、写真はこちらの方を参考に。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

いつもの風景

昨日、朝起きて吾妻山方面を見たら月が 

Ph20110222a

通勤途中、この場所で眺める安達太良山~吾妻連峰の風景が好きです。東北本線をまたぐ陸橋の頂上からの風景です。

Ph20110222b

吾妻小富士の右側、一切経山からの噴煙が見えます。活火山ですものね。ゆきうさぎが見えるまでは、まだまだですね。 

Ph20110222c

 

今日の地元新聞に。2月22日は「猫の日」だそうで、「にゃん・にゃん・にゃん」( ̄▽ ̄) 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

外ご飯 手づくりうどん 里の坊

昨日、あんぽ柿をいただいので、お礼に美味しいうどんを食べに「里の坊」さんに行ってきました。

通称、微温湯(ぬるゆ)街道沿いにあります。

1本のうどんが長~い、うどんのお店です。

Ph20110220c

(お店の外観です、駐車場は40台近くとめれます。ただし未舗装です)

Ph20110220d

(中はこんな作りで、入口近くにテーブル席が3つ位あります)

私はここでは、川俣シャモ鍋焼きうどん↓が定番です。外観の写真にも写っている大きな暖簾?のような物にも書いてあります。

Ph20110220e

値段は少々高いですが、川俣シャモのダシが良く出ていて、おいしいです。ご飯はこのダシ汁をぶっかけて食べるためのセットです。これがなんとも言えないのです。

↑川俣シャモ鍋焼きうどん  単品1180円(税別) ぶっかけ用ご飯付(上の写真)1330円(税別)

Ph20110220g

↑けんちんうどん 単品990円(税別) サラダ付(上の写真)1170円(税別)

Ph20110220f

↑温もりしぐれうどん 単品690円(税別) ミニ丼付(上の写真)1020円(税別

メニューの一部です。興味のある方はクリックして拡大してご覧ください。

Ph20110220h  Ph20110220j  Ph20110220k

Ph20110220i

手作りうどん 里の坊

住所 福島市仁井田字石塚37-1

電話 024-545-2263

営業 11:00~15:30(15:00ラストオーダー) 17:00~21:00(20:30ラストオーダー)

休日 木曜日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月20日 (日)

あんぽ柿

義兄が、あんぽ柿の出荷も一段落して、訪ねてきました。義兄の話では、白粉を出した干柿の出荷がまだ残っているらしいです。

期待はしていましたが、いただきました。

Ph20110220a

あんぽ柿 1連。

Ph20110220b

昨年末にいただいたあんぽ柿は年明け早々に無くなってしまいましたので、さっそくお腹の中へ。柔らかくて、甘くて美味しかったです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2011年2月19日 (土)

西村京太郎 『伊良湖岬 プラスワンの犯罪』

『伊良湖岬 プラスワンの犯罪』

西村 京太郎著

トクマノベル 900円(税込)

警視庁捜査一課の十津川警部に中学の同級生だったカメラマンの遺作展の招待状が届いた。十津川の顔が一枚の写真の前で険しくなった。渥美半島・伊良湖岬で撮影されたその写真に、連続狙撃事件の容疑者・水沼大輔によく似た男が写っていたのだ。水沼の足取りを追って伊良湖岬へ向かう十津川と亀井に第三の狙撃事件の知らせが。南紀白浜にある被害者の別荘に隠されていた島の写真を発見した十津川は、それが伊勢湾に浮かぶ神島であることを知る……。

最後は、西村京太郎さんの本とは思えない、007も真っ青な展開。

3日ほどで一気に読んでしまいました。

Book201101006

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月18日 (金)

インターポット

昨晩からの雨で、日陰の雪も解けてしまいましたね。

ネタ切れですね。冬は出歩かないんでね。

それで、私が利用しているプロバイダ、niftyのサービスについて。

インターポットという、仮想空間の庭を世話するゲームみたいなサービスがあります。

毎日、お水と肥料を与えると収穫ができ、収穫した実でアイテムと交換できます。たぶん、テレビでCMが流れている携帯ゲームって、こんな感じかなと思いながら、毎日お世話しています。

マンション住まいなのでお庭がないので、PC上で庭作りしています。

原則無料ですが、有料のパーツを購入するにはお金が必要になります。

1295444041888_12498

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月17日 (木)

いちご大福(2)

いちご大福パート2です。

今回は、郡山土産の定番「薄皮饅頭」で有名な『柏屋』さんのお菓子です。

Ph20110211j

 いちご大福(いちごっ娘) 1個157円(税込)  さくら餅 1個84円(税込)

Ph20110211m

↑こちらのいちご大福は、やわらかい大福の中に白餡と苺が、甘酸っぱい苺と上品な甘さの白餡のバランスが最高です。

Ph20110211l

↑かしわわっふる 1個115円(税込) ふんわりワッフルとカスタードクリームがマッチして美味しいです。

Ph20110211k

↑キャラメルぷりん 1個189円 とろしとしたプリンとビターな生キャラメルソースの組み合わせが抜群。初めて食べましたが、また食べたいプリンでした。

ちなみに、我が家で薄皮饅頭を買うときは、つぶ餡を買います。

これ全部1日で食べたのではありませんので。

柏屋さんのHPです

http://www.usukawa.co.jp/home.html

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2011年2月16日 (水)

写真でつづる 福島交通70年の歩み

最高気温が10℃位までに、暖かくて穏やかな日中でした。明日からは下り坂の天気みたいですが。

国道399号の走行日記で、記載した路面電車について、そういえばこの本があったと思い引っ張り出してみました。

Ph2011bk11

株式会社毎日写真ニュースサービス社編(1977年)定価4500円

Amazonで中古品で1万円以上の値段で売りに出ていました。

↓この本の中で紹介されている、路面電車です。馬面の電車が福島駅から伊達町・保原町・掛田・梁川・湯野へ走っていました。下は昭和35年頃の福島駅前だそうです。

Book201102013

残念ながら昭和46年4月に廃止されています。

 

このごろ、楽しみに読んでいる(見ている)ブログに、katsuさんの『地方私鉄1960年代の回想』があります。

たぶん『福島交通 路面電車』で検索していたら偶然ヒットして、それ以来楽しみに訪問しているサイトの1つになりました。

http://umemado.blogspot.com/

当然、福島交通の軌道線もありますし、猪苗代の川桁~沼尻間を走っていた『日本硫黄沼尻鉄道(通称沼尻鉄道)』の風景も好きです。

沼尻鉄道は、岡本敦郎が歌う『高原列車は行く』の舞台と言われています。作詞 丘 灯至夫、作曲 古関 裕而ともに福島県出身なので、たぶん間違いないと思います。昭和44年に廃止になっていますから、昭和40年代は鉄道受難の時期だったのかもしれませんね。

また、東武鉄道でも1960年代にSLが走っていたようで驚きました。

今でこそ、車で全国を訪ねる『鉄っちゃん』、鉄道写真を趣味にされている方も多いですが、昭和40年代に、これほど全国の私鉄を廻られているのには驚かされています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月15日 (火)

仙台四郎

仙台四郎について Wikipediaによると

江戸時代末から明治時代に仙台に実在した人物。本名は芳賀四郎。知能障害で話すことができなかったが、四郎が訪れる店は繁盛するとして存命中から各地でもてなされた。没後、商売繁盛の福の神としてその写真が飾られるようになった。

詳しくは こちら で

先日、亘理の「あら浜」でかき飯を食べたとき、このお店にも飾ってありました。宮城県のお店では結構見かけます。

Ph20110206p

↑携帯の写真なのでボケてます、カウンターの後ろに仙台四郎の写真と置物が、その前にお酒&お水&お菓子が??

Ph20110206q

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月14日 (月)

村上春樹 『東京奇譚集』

村上春樹 『東京奇譚集』

奇譚(きたん)とは、不思議な、あやしい、ありそうにない話。しかしどこか、あなたの近くで起こっているかもしれない物語――。話題の四作品に、書き下ろし『品川猿』を加えた、村上春樹待望の最新作品集刊行

2005年9月15日に新潮社から単行本として発行された本の文庫本ですね。

文庫本の裏表紙の紹介

肉親の失踪、理不尽な死別、名前の忘却・・・。大切なものを突然に奪われた人々が、都会の片隅で迷い込んだのは、偶然と驚きにみちた世界だった。孤独なピアン調教師の心に兆した微かな光の行方を追う「偶然の旅人」サーファーの息子を喪した母の人生を描く「ハナレイ・ベイ」など、見慣れた世界の一瞬の盲点にかき消えたものたちの不可思議な運命を辿る5つの物語

私が一番いいと思ったのは、『偶然の旅人』なんとなく自分にもそんな事があったような気にさせる短編でした。これから村上春樹さんの小説、読んでみようかなと。

奇譚(きたん)という言葉、初めてしりました。日本語は難しいですね。

Ph2011bk10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月13日 (日)

中野不動尊

福島市飯坂町中野にある「中野不動尊」に行ってきました。

節分の後、歳祭りが始まる前(お祭りが始まると混雑するので)に家内安全と六三除を御祈祷してもらうために訪問しています。

今回は11日(金・祝)に行ってきました、雪が降る前で助かりました。

Ph20110211a

本堂です。新車を購入したときは、こちらで交通安全を祈祷してもらう方が多いです。我愛車も8年前に祈祷していただきました。

洞窟の入口の上にある大日堂です。↓

Ph20110211b

大日堂横の不動滝、2月にはこの滝で水行が行われます。また、この滝の奥(裏)に洞窟があり、洞窟には三十六童子が祀らています。 

Ph20110211c

中野不動尊のHPです↓

http://www.nakanosan.org/index2.html

六三除(ろくさんよけ)

中野不動尊のHPによると、『特に厄難よけ、病気平癒の霊験は灼か(あらたか)で、六三除けの祈祷は、ここから全国に広まったといわれております』とのこと。昔は地区の世話人の方が六三除のお札を纏めて頂いてくれたりしていました。

我が家でも毎年、六三除けのお札を頂きにいきます。

ちなみに六三除は年令による身体の部分的な厄除けです。薬の処方を受けていても効果が現れにくかったり、病気の原因がはっきりしないときは、六三に当たっている場合があると言われています。

六三の場所は、こちらのサイトが判り易く解説されています↓

http://tobifudo.jp/newmon/kigan/63yoke.html

 

ちなみに中野不動尊の六三除けのお札はこんな感じです。

Ph20110211d

右側はしゅうちゃん、左側は相方です。年齢が同じなので体の場所が逆になるだけです。しゅうちゃんは左足に気をつけましょう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月12日 (土)

豆達人

本日2回目の更新です。

雪は午前中で止みました。数日でとけそうですね。

写真を整理していたら出てきたので。記憶のために記録しておきます。

2月6日(日)「かきせいろめし」を食べに行ったとき、当然のごとく「豆達人」によって豆乳、おから、油あげ、おからコロッケetcを購入してきました。

この豆乳、ものすごく濃いです。このままでは飲みずらいので、市販の豆乳で割って飲んでいます。

Ph20110206j

昨年9月に訪問したときの記事です。外観の写真載っています。

http://fuku-ozisan.cocolog-nifty.com/blog/2010/09/post-ba34.html

| | コメント (2) | トラックバック (0)

久しぶりの積雪

昨晩から降り始めた雪が、今朝こんなに積もりました。

Ph20110212b

相方は仕事(私は3連休)のため、送っていくため車にいったらこんなに!(判りやすくするため、横だけ雪をどけてみました)10㎝以上かな?

Ph20110212a

↑県庁前通り、今まで暖かったので、道路の雪は思ったほどありませんでした。

Ph20110212c

↑信夫山は真っ白です。

浜通り地方(太平洋岸)に暴風雪警報が出ています。でもライブカメラで見る限り、積雪もないような?

NTT東日本 福島支店さんのライブカメラ↓ 

しゅうちゃんは鶴ヶ城と会津若松駅のライブカメラが好きです。

http://www.nttfukushima.com/#

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年2月11日 (金)

シフォンケーキ

福島市内の『プラッとショップ』文化通り店で、相方が買ってきました。

『プラッとショップ』は、ぶらりと覗いてみると、思わず手にとってみたくなる、地元の名産品を集めた今までにない魅力のお店とのこと。

ここで売っている、SALT BOXのシフォンケーキ、ふわふわで美味しいんです。1フォール400円。安くてうまいケーキです。

Ph20110206h

Ph20110206i

お店のHPを見ると、輸入雑貨のお店でケーキに関しては表示されません、まか不思議なお店の美味しいシフォンケーキです。

ちなみに『プラッとショップ』は、街中の空き店舗を利用してオープンさせているお店?だったような。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月10日 (木)

西村京太郎 『新神戸愛と野望の殺人』

『新神戸 愛と野望の殺人』

西村京太郎 著

発行:新潮社  840円(税込)

新大阪から新神戸に向かう新幹線「こだま」。そのわずか十五分間に、女性デザイナーの尾西香里が殺された。さらに、その告別式で、夫の愛人が毒殺される。十津川警部の捜査で、香里の京都での浮気相手、ファッション界のドン・木下正道の存在が浮かび上がる。しかし彼には、事件当日、姫路にいた完璧なアリバイが…。時刻表のアリバイに挑む、長編トラベルミステリー。

Book2011020012

久しぶり?の時刻表に関連したミステリー。2~3日で一気に読んでしまいました。時刻表トリックではありませんが、久しぶりにワクワクするミステリーでした。

 

今年6冊目、ここしばらく、読書がすすむ君になっています。村上春樹著「東京奇譚集」もまもなく終了できそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 9日 (水)

いちご大福

今日夕方、地元テレビで、今週末に開催される『只見ふるさと雪まつり』について放送されていた。まつり会場に雪が積りすぎ、まつり会場から雪を会場外へ運んでいるとのこと。今年の雪はものすごいようです。

 

6日(日)相方の誕生日で、宮城県亘理に「かきせいろめし」を食べに行った話は以前に紹介しましたが、バースデーケーキーの変わりに、何か近くにスイーツがないかネットで探していたら、これを見つけ買ってきました。

Ph20110206e

Ph20110206f

大きさは大粒のいちご1個がまるごとです。1個190円。いちごを丸ごと大福で包んだ「いちご大福」は何度か食べたことがありますが、これほど上品な「いちご大福」は初めてです(大福をカットして苺を挟んだともいえますが!?)。甘酸っぱいいちごと餡&大福がマッチして美味しかったです。

壽の三色最中本舗 名取本店(工場)

宮城県名取市増田字柳田254-3

電話 022-384-4939

国道4号線の仙台から福島方面へ向かう側にあるので、福島から行くと名取市役所前信号機でUターンする必要があります。

他の店舗でも取り扱っているかは判りません。本店ではこの季節取り扱っているようです。このお店は、仙台土産で有名な「三色最中」↓を作っているお店です。これは何度も食べています。

Ph20110206g

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 8日 (火)

暁まいり

先月受けた会社の健康診断で肝機能値が範囲をオーバー。今日、いつもお世話になっている病院で見てもらったら、再度血液検査とエコーをしてみましょうと言われて。

結果、肝機能値も標準内に、脂肪肝もなくエコーも問題無し。ほっとしました。

 

こんな回覧板が廻ってきました。スキャンする暇がなかったので、写真でパチリです。 

Ph20110206k

「信夫三山暁まいり」は無病息災・五穀豊穣などを祈る信夫山の羽黒神社の冬の祭礼です。信夫山にある羽黒神社には、現在は大わらじが2つあります。一つは暁まいりに奉納、もう一つは夏のわらじ祭り時に奉納されています。 

信夫山には出羽三山の分社(羽黒山神社、月山神社、湯殿山神社)が祭られています。

2月10日・11日に開催されます。

長さ12メートル、幅1.4メートル、重さ2トンにおよぶ“日本一の大わらじ”を約100人で担ぎ上げ、市内の目抜き通りを練り歩いた後、羽黒神社へ奉納されます。

なぜか?わらじが市内をねり歩くのを見たことがありません。まつりの様子は、こちらの方のYouTubeの映像が祭りの様子を伝えているかなと思います。

ほんとうに、かついで街中をねり歩いていました。大わらじを作っているのは、信夫山北側の御山地区の氏子さんが国道13号線沿いで作業されています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 7日 (月)

積読状態

読書が滞っています。

購入済みで、机の上に積みあがっている本

(1)西村京太郎著  「新神戸 愛と野望の殺人」 新潮社 税込840円

(2)西村京太郎著  「十津川警部 赤と白のメロディ」 実業之日本社 税込860円

(3)西村京太郎著  「伊良湖岬 プラスワンの犯罪」 徳間書店 税込900円

(4)藻谷 浩著  「デフレの正体 経済は人口の波で動く」 角川新書 税込760円

(5)村上春樹著  「東京奇譚集」 新潮文庫 税込420円

(6)村井幸三著  「お坊さんが困る仏教の話」 新潮新書 税込714円

Cimg1710

(積んだままでは写しずらいので縦ました。happy01

(6)の本はだいぶ前に購入してカバーしたまま積んで忘れていました。その他は昨年末から購入した本です。頑張らないと溜まってしまいます、しかし西村京太郎さんの創作意欲は凄いですね。読んでも読んでも次から次と出版されます。

現在(1)と(4)に挑戦中

 

その他、ブックオフで100円(木谷さんのみ450円)で購入した本が5冊。

Cimg1712

ブックオフの100円コーナー見ていると、ついつい買ってしまいます。

ブックオフといえば、『ミヤネ屋』で岸部四郎さんの持っていた高い?本を激安で、ブックオフに売ったとのことで炎上したニュースを見ました。

ブックオフ、本の買い取り価格は定価の数%、1000円の本がよくて50円?仕方ないのかもしれないけど・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 6日 (日)

『かきせいろめし』

今日、相方の誕生日。

何食べたいと聞いたら、亘理のかき飯がいいかな?

行ってきました、このブログで紹介したことがあると思って検索しましたが、出てきません。しばらく行っていなかったみたいです。

自宅から60数キロ、約1時間少々で行けます。

宮城県亘理町にある『あら浜』さん。10月~12月は「はらこ飯」で有名です。

Ph20110206a

↑外観はこんな感じです。13時につきましたが、10組くらい待ちです。名前を書く紙には50組程が、はらこ飯の季節はこんなものではありません。

30分程で席へ。この季節は、「ほっき飯」が一番で多くのお客さんが「ほっき飯」を注文されていますが、我が家ではあまり好きでないので、「かき飯」を注文。

Ph20110206c

↑私が注文した、「かきせいろめし」1500円。湯気が出ています。手前、漬物の隣にあるのが「かき味噌」、かき飯に少し載せて食べると、より美味しいです。

今年のかきは、いつもより小ぶりでした(せいろ全面を覆うっています、14粒くらい入っていました)が久しぶりの「かきせいろめし」美味しかったです。

Ph20110206b

↑相方が注文した、「かきめしハーフ」 1150円。ハーフにはサラダが付きます、女性向きということですかね。

旬魚・鮨の店 あら浜

宮城県亘理郡亘理町荒浜字中野183-1

営業時間 昼11:00~15:00 夜16:00~21:00

定休日 月曜日

季節のメニューの有無はお店のHPで確認の上、お出かけください。

http://www.arahama.jp/

ちなみに、上の写真上部に写っているグラスは、お店のHPクーポンを印刷して持っていくと頂けるウーロン茶を飲んだグラスです。

せっかくなので、近くの荒浜港へ。海はいいな

Ph20110206d

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年2月 5日 (土)

地下貯蔵タンクに対する流出防止等に・・・

ふだんのしゅうちゃんの日記とは違うので。読みたくない人はここで退出してください。

 

地下貯蔵タンクに対する流出防止等に係る法令改正

2月1日から危険物の規制に関する規則の一部が改正されました。(一般の人は知らないだろうな.。こっそり改正するの役人さん得意だものね)

趣旨は、危険物施設の老朽化に伴う腐食劣化等が流出事故の大きな原因になっていることから、地下貯蔵タンクの流出事故防止対策についての法令改正が行われ、40年以上経過した地下タンクについては、内部にFRPコーティングするなどの対策を行わなければならない。

趣旨は十分に理解するし、海外のように1重構造の腐食による流出の危険が高い地下タンクを使用禁止するくらいの規制強化も必要だと個人的には思うのです。

でもね

経済産業省がSSに対しては一部補助金を出すらしいのですが、それも予算が無くなったら終わりだって。危険物の規制に関しては総務省管轄、全国で該当する地下タンクが何台あるか全て把握しているのに???、ガソリン税・軽油税はどこにいってる!と叫びたいです。

高いガソリン税払って、車乗ってるのに。

危険な地下タンクを全て取り替えるくらいガソリン税で出来ると思うし、1日数台しか通らないような道を整備するよりいいと思うけど?

縦割り行政、とりあえず補助金出しましたって。エコカー・エコポイントと同じ中途半端な対策としか思えません。

SS以外には補助金は無し。ボイラーなどを使う大型ホテルなどは、この不景気の時代に対策が出来るのですかね?

10キロタンク1台のコーティング200万円前後(恒久的な対策ではないので、その後もお金はかかる)。新しくすると1000万円。

経過措置(猶予期間)は平成25年1月末まで、廃業するSSや大型ホテルなどの施設が加速するだろうな。

民○党、期待はずれですかね。

個人的にチョット「いら」としたもので。

ちなみに10kl地下タンクはこのサイズ(人の大きさと比較してください)ですね。大きなSSだとこんなのが数本埋まってるかな?。

Ph20110203a

   (写真とこの記事は関係ありません)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 4日 (金)

からくり夢時計(上下巻)

「からくり夢時計」 川口雅幸著

発行 アルファポリス 定価 上下巻各570円(税別)

Ph20110130ab

概略

小6の聖時の家は時計店。冬のある日、年の離れた兄と大喧嘩、父にも叱られ店の作業部屋に隠れこむ。そこで聖時は不思議な鍵を発見。古い時計に差し込むと、突如、部屋の時計がすべて反時計回りに回転しだした。やがて聖時の前には一人の同じ年頃の男の子が―どう見てもそれは12年前のお兄ちゃん。さらに幼い頃交通事故で死んだ母親の姿が。どうやらタイムスリップしたらしい。そして、聖時のかけがえのない時間が刻まれてゆく…。

何の部類に属する本なんでしょう?個人的には初めて読むジャンルの本です。SF?ではないよな。

昔の商店街の描写、大変なつかしいです。単純に主人公がタイムスリップするだけでなく、家族の絆について考えさせられる物語です。小学校高学年~中学生のお子さんに呼んで欲しい本。もちろん大人も夢中になりますね。

先に単行本で出版され、今回文庫本化されたみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年2月 3日 (木)

節分

帰ってきて、豆まきをしました。

昔は、あちこちで『鬼は~外』の声が聞こえましたが、聞きませんね。

我が家でも、そ~と『鬼は~外』『福は内』豆をまきました。

夕食はイワシ。恵方巻きと同じで節分イワシは関西の習慣らしいですが、我が家では節分にイワシ出てきます。恵方巻きは以前1度だけ食べた記憶が。

豆といえば、『でん六』山形本社のでん六まめ。

こちらのサイトのCM『マメまきダンス』フルバージョン耳に残ります。

http://www.denroku.co.jp/promotion/cm/11_setsubun.htm

マーメマーメマーメ・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

鉄道百景・にっぽん鉄道写真の旅「富山地鉄編」見ました

「にっぽん鉄道写真の旅」最終回 録画してみました。

さすがに夜7時までに帰ってきて見るには、厳しいです。今回は富山地方鉄道編です。

2011_0202_230624cimg1705

 (BS-TBSより 地鉄富山駅のサボ)

富山地方鉄道は、大正時代から昭和時代初期に建てられたモダンな木造駅舎が多く残っており、また地方鉄道には珍しい特急列車が走っており、雪のなかなの風情を鉄道写真家 中井精也さんがすばらしく写されていました。また路面電車が、富山の街に深くかかわっているのが判りました。

中井さんが番組中で話された、「風景写真は引き算」なっとく。素人の私は風景全体を伝えたくて、全体を撮影、写真にすると平凡になってしまいます。

2011_0202_230736cimg1707

 (BS-TBSより 富山地鉄寺田駅)

2011_0202_230812cimg1708

 (BS-TBSより 富山地鉄寺田駅)

富山は2008年夏、「おわら風の盆」を見に行ったとき、のんびり見て廻りました。また、訪ねたいです。

BS-TBSのこの時間帯、普通は【鉄道百景】日本鉄道こころの旅が放送されているようです。これからも見ようかな?

BS=韓国ドラマ という悪い先入観をもっていました。失礼しました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年2月 2日 (水)

国道399号 伊達市(旧伊達町)~福島市(飯坂町)(2)

飯坂温泉街の摺上川を挟んだ反対側を国道399号は通っています。

新十綱橋を過ぎると、さらに狭くなり1車線の狭路となります。左側にホテル聚楽の建物を見ながら走ることになります。

Ph20101225j

まもなく、穴原の新しい道と合流です。

ここは、昨年11月に、国道399号鳩峰峠へ行く=> http://fuku-ozisan.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-ce67.html で紹介済です。

これで、福島県内の国道399号は全線走破となります。残りは山形県内分です。

Ph20101225l

↓上の交差点方向をバイパス茂庭方面から見た風景です。

Ph20101225m

Ph20101225n

↑の細い399号を通ってきたことになります。それでは国道399号の太い方を福島市内方面へ向かいます。

Ph20101225o

茂庭ダムを作るために作ったバイパスかな?忘れてしまいました。この道ができてから福島市内から飯坂温泉街の狭い道を走らなくても茂庭ダム方面へ行けるようになりました。

Ph20101225q

Ph20101225r

さらに進むと↑の交差点を右折し13号国道を経由して福島市内へ向かうのが一般的です。

Ph20101225s

↑先ほどの交差点から100メートルで終点です。これから先はいつになったら開通するのやら。この先の下には福島交通飯坂線が通っています。

「ひとつの道」にこだわって走るのも楽しいもんですね。チョットはまりそうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

国道399号 伊達市(旧伊達町)~福島市(飯坂町)(1)

早くも2月になってしまいました。

自己満足の記事です。

昨年末の12月23日(木 祝日)に走行した記録です。

ブログで記録するのをすっかり忘れており、HPの整理をしていて思い出しました。

昨年12月24日付けブログ↓

http://fuku-ozisan.cocolog-nifty.com/blog/2010/12/post-3eb9.html

の国道4号と国道399号伊達交差点を左折するところから、今回はスタートです。ちなみに、この歩道橋は、福島交通軌道線(路面電車)の長岡分岐点⇒保原で使用していた陸橋を歩道橋に再利用したものです。

Ph20101225a

↓左折するとすぐに交差点(旧4号線との交差点です)。この信号の先左側、路面電車が走っていたときの伊達長岡の駅になりますね。

Ph20101225b

数百メートル走ると、伊達製鋼の建物↓が、ここを道なりに左方面へ向かうのが国道399号で、右方面へ行くとJR東北線の伊達駅となります。

ちなみにこの写真を見て、伊達製鋼㈱って三井○○伊達製鋼事業所になってたんだ。初めて知りました。 昔、こちらのお仕事させていただいたことがありました。

Ph20101225c

JR東北線、東北新幹線の間を通過するとすぐに福島市飯坂町湯野に入ります。さらに東北自動車道の下を過ぎて1キロほど走ると急に1.5車線になります。ここまでは快適な2車線道でした。

Ph20101225e

上の交差点を左に行ったほうが道が広いのですが、国道は真直ぐです。ちなみに路面電車(長岡分岐~湯野駅)はここを左に入っていたようです。(私は実際この区間、路面電車に乗ったことがありません)

Ph20101225f

↑こんな住宅街の中の道路と言った感じですね。

Ph20101225g

右側からくる県道との交差点は、もちろん?国道側が止まれです。 ここから数百メートルで飯坂温泉駅近くの十綱橋(とつなばし)の交差点になります。

Ph20101225h

↑の写真の左側の建物の裏側が、摺上川を挟んで福島交通飯坂温泉駅になります。

やはり1回では無理なので、明日に続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »