« 冬の必需品 | トップページ | 西村京太郎 『無縁社会からの脱出』 »

2011年1月27日 (木)

鉄道百景・にっぽん鉄道写真の旅「浪漫・磐越編」見ました

帰宅時になると、日陰がツルツル。アクセルを踏むと、お尻がフラフラです。

昨日26日(水) 午後7:00~8:00 BS-TBSで放送された 鉄道百景・にっぽん鉄道写真の旅「浪漫・磐越編」 録画して見ました。

風景もよかったし、鉄道写真家・中井精也さんの人柄もよく現れていた、いい番組でした。

1枚のすばらしい写真を撮るための努力は、すごいと思います。

以前も書いたことがありますが「磐越西線」は、今から35年前学生生活を過ごした北陸と福島を何度も往復した路線で、思い出が強い路線です。すでに当時は、SLではなくディーゼル車に置き換わっていましたが。

福島から新潟へ向かう急行「あがの」号。今回の映像のような雪の中の列車に、冬休みのあと学生生活に戻るため一人で乗っている自分の姿が・・・・寂しかったよな。

Ph20110126a

(BS-TBSより 大雪の中を走るSLばんえつ物語)

Ph20110126b

(BS-TBSより 期間限定でライトアップされている山都の一ノ戸川鉄橋)

写真はすべてテレビ番組をデジカメで撮ったものです

 

ちなみに、来週は「富山地鉄」。立山をバックにした映像あるのかな。

富山県は鉄道が発達している(というか上手に残した)地域ですよね。路面電車も富山市内、高岡市内に発達してるし、トロッコ列車もあるし。

ライトレールはJR富山港線を路面電車化して残したし、鉄道好きにはたまらない場所です。

早速録画予約しました。

|

« 冬の必需品 | トップページ | 西村京太郎 『無縁社会からの脱出』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

BMの竜さんへ
中井さんの写真、鉄道の写真というより、どこにでもあるような風景の中に鉄道が溶け込んでいるというか。
そんなところが好きなんです。

投稿: しゅうちゃん | 2011年1月29日 (土) 21時00分

こんばんは~。
楽しそうな番組ですね。
必ず見たいと思います。
中井さんのブログも見ました。
勉強になります。

投稿: BMの竜 | 2011年1月29日 (土) 18時10分

Uchanさんへ
ラジオ深夜便、眠れない時にときどき聞いています。
三島町は只見川沿いの豪雪地帯ですからね。私は雪おろしの経験はありませんが、雪との戦いですものね。

投稿: しゅうちゃん | 2011年1月28日 (金) 22時52分

hibochanさんへ
中井さんの撮影ブログです。富山も雪の中の撮影だったようなので、立山は見れないかもしれませんね。↓
http://railman.cocolog-nifty.com/blog/2011/01/119-84cf.html
 
氷見からの富山湾越しの立山、写真で見ると素敵ですよね。数度氷見を訪問していますが、見れませんでした。

投稿: しゅうちゃん | 2011年1月28日 (金) 22時44分

ippuさんへ
中井さんの感性なんでしょうね。鉄道に関する物がさりげなく入った写真、好きなんです。
デジイチが欲しくなってきてるんです。

投稿: しゅうちゃん | 2011年1月28日 (金) 22時31分

<大雪の中を走るSLばんえつ、画像>
昨夜のラジオ深夜便「日本列島くらしのたより」福島県三島町からのたよりが放送されましたが、snow
 snow除雪・雪下ろしをしても次から次と降り続き、路肩の雪が5mの高さとかsign02
「大雪の中を走るSL」の画像は大雪の情景そのままです。

投稿: Uchan | 2011年1月28日 (金) 17時05分

磐越線SL楽しませていただきました。
撮影の苦労がしのばれます
来週は 富山だとか二年ほど高岡におりましたのでなつかしく拝見とようと思います。
立山が映るかどうか楽しみです。
氷見線の雨晴付近からが最高なのですが

投稿: hibochan | 2011年1月28日 (金) 15時32分

≪鉄道百景・にっぽん鉄道写真の旅「浪漫・磐越編」見ました≫
先日は予告を教えてもらい有難うございました。
youtubeに発表されている、従来の単純な作品と違い、引き込まれました。

投稿: ippu | 2011年1月28日 (金) 06時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/50696725

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道百景・にっぽん鉄道写真の旅「浪漫・磐越編」見ました:

« 冬の必需品 | トップページ | 西村京太郎 『無縁社会からの脱出』 »