« 今年のシャコバサボテン | トップページ | 国道399号 霊山~いわき間 (1) »

2010年11月20日 (土)

おにいちゃんのハナビ

新潟県小千谷市片貝町を舞台に、実際にあった話に基づいて描かれた作品です。

『妹の病気の治療のために東京からこの町に引っ越してきた一家。妹が療養先から自宅に戻ると、兄はひきこもりになっていた。心を閉ざしてしまった兄は、病弱な妹から勇気をもらいアルバイトを始める。

そんな最中、妹は白血病を再発させてしまう。

家族が暮らすこの町では毎年、世界一の花火が打ち上げられる片貝花火まつりが開かれており、兄は妹のために大きな花火を打ち上げることを決意する・・・・。』

Oniichan003

朝日出版新聞 定価580円(税別)

片貝まつりの花火は、奉納煙火といい同級会や、成人、結婚を機に花火を奉納するもので、他の企業協賛を主とする花火とは異なると言われています。まだ、残念ながら見に行ったことがありません。

 

映画化され、9月25日から全国ロードショーで公開されていたのですが、福島では今日20日から福島フォーラムでやっと公開されます。噂では片貝の花火がスクリーン一杯に上がるとのことなので、花火大好きしゅうちゃんは絶対に見たいのですが、これから何かと忙しくて行けるか?1日1回のみの上映なので厳しいよ。

映画のホームページです。

|

« 今年のシャコバサボテン | トップページ | 国道399号 霊山~いわき間 (1) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

hibochanさんへ
そうですか、9月末から公開されていますからね。福島での公開は最後の方になります。
待っていたのですが、これから忙しくて映画館に行けるか心配なのです。
来年は、大林監督が長岡の花火を題材にした映画を作るらしいです。この映画にも期待しています。
http://sankei.jp.msn.com/region/chubu/niigata/101014/ngt1010141903001-n1.htm

投稿: しゅうちゃん | 2010年11月20日 (土) 21時53分

ippuさんへ
悲しみを思い出させてしまいましたね。
本もまだ途中までなのですが、よろしかったら是非。

投稿: しゅうちゃん | 2010年11月20日 (土) 21時39分

土浦の花火の後YOU TUBEを見てましたら片貝の花火がみつかりてっきり房総の花火と勘違い花火大好き人間にとって超恥ずかしい
おにいちゃんのハナビ上映映画館探したのですがもう終わってました。
是非見たいと思いました。

投稿: hibochan | 2010年11月20日 (土) 19時49分

≪そんな最中、妹は白血病を再発させてしまう≫
私の妹も高校卒業直前に白血病でなくなりました。あと2年で50年になります。

投稿: ippu | 2010年11月20日 (土) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/50075736

この記事へのトラックバック一覧です: おにいちゃんのハナビ:

« 今年のシャコバサボテン | トップページ | 国道399号 霊山~いわき間 (1) »