« 奥久慈・水戸へ(1) | トップページ | 奥久慈・水戸へ(2) »

2010年10月25日 (月)

みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎 偽計 を一気読み

相場英雄著『みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎 偽計』シリーズ6冊目、宮城県編を一気読みしてしまいました。

Book001

「偽計」って何。調べたら「人をあざむく計略」 判るような?判らないような?

今回は著者の経歴、経済事情に精通したことが存分に生かされた作品だったと思います。

今までの作品に比べ、「麺食い記者」と表しているわりに1種類しか食べていないじゃないかと、突っ込みたくなりました。

宮沢賢一郎を主人公とした「みちのく」シリーズは今回で一応完結で、別なシリーズが始まると聞いていたのに、終盤で宮沢があるセクションのキャップになる・・・次回シリーズに話が進展しないよな・・・・最後に・・・・。

楽しかったです。 

次回シリーズ期待しています。本当は「みちのく」もう1周して欲しかったのですが。

この作家さん、なぜ推理小説書いているのかな?プロフィール見れば見るほど?

マイリンク⇒ 相場英雄の酩酊日記(著者のブログです)

よろしかったら買って読んでやってください(双葉文庫 税別619円)。わたし親戚でも友人でもありません。ただのファンです。

|

« 奥久慈・水戸へ(1) | トップページ | 奥久慈・水戸へ(2) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/49813643

この記事へのトラックバック一覧です: みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎 偽計 を一気読み:

« 奥久慈・水戸へ(1) | トップページ | 奥久慈・水戸へ(2) »