« 西村京太郎 『生死を分ける転車台』 | トップページ | 鉄道のダイヤ »

2010年10月 9日 (土)

『みちのく麺食い記者』がズラリ

世の中3連休。残念ながら今日は当番で出勤です。

私がいつも利用している本屋さんの本棚です。

携帯の写真なので判りずらいですが、私が今一番ハマっている、『みちのく麺食い記者シリーズ』(相場英雄著)5冊が目立つように並んでいました。

Ph20101007a

来週には、最新作(宮城編)が発売されます。この下に新刊が平積みされるのかな?早く発売にならないかな!

|

« 西村京太郎 『生死を分ける転車台』 | トップページ | 鉄道のダイヤ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

hibochanさんへ
私は、若い時に「鮎川哲也」さんが好きでミステリー小説にはまっていきました。
そのうちに、元々旅行がすきなので列車を使ったトリックの小説を読み始め、「西村京太郎」「深谷忠記」などを読むようになりました。
今や、寝台列車や長距離列車も少なくなり、新幹線で青森から鹿児島まで行ける時代になってしまい、時刻表のトリックなど出来ないですよね。
金沢に4年程いましたので、前田家に興味があり「前田利家」に関する本や山岡荘八の「徳川家康」「織田信長」など長編の時代小説を間に入れながら読んできました。

投稿: しゅうちゃん | 2010年10月 9日 (土) 09時34分

自身車の中に 県内ラーメン 蕎麦の名店図鑑が用意してあります。
歳とともに嗜好が変わるようです。
あと一カ月もすれば新蕎麦が出回ると思いますがやっぱり自分の手打ちが最高だなんて
西村京太郎ほとんど読破してます(若い時)
列車を使った推理小説大好きでした。
夜ともなると妻は ミステリーでチャンネル独占中
野球も終わったしあきらめモード

投稿: hibochan | 2010年10月 9日 (土) 08時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/49677840

この記事へのトラックバック一覧です: 『みちのく麺食い記者』がズラリ:

« 西村京太郎 『生死を分ける転車台』 | トップページ | 鉄道のダイヤ »