« 風邪ひいた | トップページ | 鉄道の旅 新潟へ(6) SLばんえつ物語乗車 後記 »

2010年10月14日 (木)

鉄道の旅 新潟へ(5) SLばんえつ物語乗車記

10月11日 SLばんえつ物語、新潟駅から会津若松駅までの乗車記録です。

9時43分 定刻に新潟駅7番ホームを出発。

意外と滑らかなというか、ゆったりとした動きで走り始めました。『SLばんえつ物語』の詳細はWikipediaにおまかせしますが、C57 180を先頭に12系座席車6両と展望車1両の編成で、会津若松方面が1号車となり4号車に展望車が入り、5号車に車販コーナがあり生ビールも売っています。もちろん全席禁煙ですが、津川駅と山都駅に喫煙所が設けられています。

座席も2007年に改造され、ふんわりとしたシートで、4時間の列車の旅も疲れを感じさせませんでした。

Ph20101014a

Ph20101014b

(↑C57の煙 子供たちが近所迷惑と言っていましたが、線路脇の家の方は大変でしょうね)

10時3分 新津駅到着 ここで11分停車

当初この列車は、新津~会津若松間で運転されていました。何故って、この駅に転車台が残っているからで、C57の家は新津駅にあります。ここでは、弁当を買ったり、記念撮影をしたり結構忙しいです。

Ph20101014c

(↑ここで、SLばんえつ物語弁当を購入しました)

Ph20101014d

(↑SLばんえつ物語が停まる駅の「駅名表示板」はクラッシックというか右から左です)

Ph20101014e

(↑観光地によくあるパネル、思わず撮りました)

10時14分 新津駅出発

車内の女性スタッフの方が「記念乗車手帳」「絵はがき」を配ってくれます。記念スタンプは車内に数箇所設置してあり自由に押すことができます。ちょうど近くに車掌さんがおられ、検札?用のスタンプも押してくれました。

Ph20101014p

11時15分 津川駅到着(この日は約2分遅れで到着でした)

この駅で、SLに給水したり石炭を前に移動したりと係の人は大忙しです。この作業のために4人位のJRの方が乗っていました。

Ph20101014g

Ph20101014f

(↑ホースで給水したり、石炭の上では作業員の方が一生懸命に作業されていました)

Ph20101014h

(↑絝線橋からみたC57)

11時29分 津川駅出発

車内では、乗車記念ピンバッジをかけた、じゃんけん大会が車両毎に行われました。残念ながら私はあえなく敗退。欲しかったですね。これから紅葉の季節、津川~山都間が景色が最高の場所ではないでしょうか。新潟県から福島県に入りました。

12時39分 山都駅到着

ここでも給水作業が行われます。また、ホームでは個数限定の「山都のそば」弁当が売られており、多くの方が買われていました。

Ph20101014j

(↑ホームでは山都のそば弁当を買う人で一杯でした)

Ph20101014i

(↑山都の駅舎側からみたSLばんえつ物語)

Ph20101014k

Ph20101014l

(↑SLといったらこのアングルかな)

12時49分 山都駅出発

山都駅を出てすぐに、有名な「一ノ戸川橋梁」を渡ります。下では多くの方が写真を撮っていました。

Ph20101014m

喜多方駅を過ぎてしばらくすると右手に会津盆地が見えてきます。そして田園地帯を抜けると、左から郡山からの線路が合流し、まもなく会津若松駅です。1番2番ホームは上野駅地平ホームと同じ頭端式ホームで、行き止まりとなっています。

13時31分 会津若松駅に到着

Ph20101014n

(↑バックで待避線に回送されます。その後機関車のみ転車台で回転し、新潟側に接続されます。

喜多方駅で団体さんが多く降りられましたが、全ボックスに乗客がいる感じの込み具合(60%位)でした。(私のボックスは相方と2人窓側で、通路側にはだれも来ませんでした)

この列車の停車駅は、新潟、新津、五泉、咲花、三川、津川、日出谷、野沢、山都、喜多方、塩川(上りのみ)、会津若松となっていますが、停車時間が長い、新津・津川・山都以外は停車時間が2分程度と短いです。

各停車駅については、車内で車掌さんが有名な物とかを紹介しながら、アナウンスしてくれます。

|

« 風邪ひいた | トップページ | 鉄道の旅 新潟へ(6) SLばんえつ物語乗車 後記 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/49734699

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道の旅 新潟へ(5) SLばんえつ物語乗車記:

« 風邪ひいた | トップページ | 鉄道の旅 新潟へ(6) SLばんえつ物語乗車 後記 »