« 西村京太郎『銚子電鉄6.4キロの追跡』 | トップページ | 仙台市 定義如来へ »

2010年6月 5日 (土)

横山秀夫『臨場』

現在テレビ朝日系列で放送されている「臨場」の原作本が目に止まったので、読んでみました。光文社文庫で短編8話が収録されており、2007年初版印刷の本でした。

事業仕訳で問題になった講習会ではないですが、某協会主催の講習会に出席したとき内職で半日でこの本を読んでしまいました。

作者の横山秀夫さんについて、どこかで見た名前だと思ったら「半落ち」の作者さんでした。映画良かったですね。

「臨場」個人的にはまっています。このままシリーズが続かないですかね。

相場英雄さんの『みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎』がテレビ化されたら最高なのですが。

|

« 西村京太郎『銚子電鉄6.4キロの追跡』 | トップページ | 仙台市 定義如来へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/48543791

この記事へのトラックバック一覧です: 横山秀夫『臨場』:

« 西村京太郎『銚子電鉄6.4キロの追跡』 | トップページ | 仙台市 定義如来へ »