« 横山秀夫『臨場』 | トップページ | 定義名産 三角あぶらあげ »

2010年6月 6日 (日)

仙台市 定義如来へ

昨日ふと久しぶりに定義さんに行きたいと思った(なぜだか解らないのですがふと)ので、今日仙台市青葉区の定義如来西方寺に行ってきました。

午前中用事があったので、昼前から高速を使って行くことにしました。また、秋保温泉で立ち寄り湯することにしました。仙台宮城ICを降り国道48号経由で福島から1時間半ほどで行けました。予想以上の参拝者でした、しかも宮城・仙台ナンバーの車が多いので地元の方々が参拝に来られているのですね。

下の写真は新本堂で、前回来たのは5年程前だと思うのですが、その少し前に完成したと思うのですが?

Ph20100606a

昔の本堂です↓、こちらの方がおもむきがあったのですが、いかんせん狭いので新しい本堂を建立したのでしょうね。こちらには鐘つき堂があり、私もついてきました。

Ph20100606b

旧本堂の裏手にある『長命水』です。もちろん、たくさん頂いてきました

Ph20100606c

五重塔もあります↓

Ph20100606d

定義如来と言えば『三角あぶらあげ』。次回に

|

« 横山秀夫『臨場』 | トップページ | 定義名産 三角あぶらあげ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/48562105

この記事へのトラックバック一覧です: 仙台市 定義如来へ:

« 横山秀夫『臨場』 | トップページ | 定義名産 三角あぶらあげ »