« 天候不順で | トップページ | 初 生姜ご飯 »

2010年5月31日 (月)

国道342号が開通  あれから2年

今日ネットで調べものをしていたら、岩手日報のWebNewsで、

『国道342号の須川―真湯間(約15キロ)が30日、開通した。地震発生から2年を経ずに復旧したことを地元住民や関係者が祝福。震災からの復興を祝った。』

を見つけました。平成20年6月14日の岩手・宮城内陸地震からもう2年になるのですね。元々細い道だったのを復旧させたので片側通行の部分があるみたいですが。地震当日は6月の第2土曜日で私は当番で会社に出ていて、この地震を体験しました。福島の揺れはそれほどではなかったのですが、栗駒というか須川温泉は大好きな温泉で、毎年2回程訪ねていましたのでビックリしました。

もし当番で会社に出社していなかたっら、須川温泉に行っていたかも。須川温泉へは地震の前年、平成19年10月26日に行ったきりで、また行きたくなりました。

宮城県側から入れる国道398号も今年の秋には開通するようですし、今年の秋には行ってみますか。でも相方は地震のあった所に行きたがらないので無理かな。

須川温泉には岩手県側に『須川高原温泉』が、秋田県側に『須川温泉栗駒山荘』があり源泉は一緒ですが、各々おもむきが異なり両方に入りたくなります。

栗駒山荘さんのHPを見たら、まだ廻りに雪があるのですね。

ま、意地悪な見方をすると、小沢さんの地元岩手県だから早い復旧だったりして。

|

« 天候不順で | トップページ | 初 生姜ご飯 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/48507449

この記事へのトラックバック一覧です: 国道342号が開通  あれから2年:

« 天候不順で | トップページ | 初 生姜ご飯 »