« 今年の花火 | トップページ | 西村京太郎『死のスケジュール天城峠』 »

2010年5月26日 (水)

長野県の赤玉はら薬?百草丸

昨日の夕方からお腹の調子が悪く、むかついていたら相方が、昨年善光寺へ行った時にかった赤玉のような薬を飲んだらと言われ飲みました。今朝だいぶ良くなったのですが。

善光寺前の薬局で赤玉を買おうとしたら、長野県では赤玉はら薬ではなく、これ『百草丸』だよと言われ買ったみたいです。

私は今回初めて飲んだのですが、驚いたのが1回の服用する量を計るスプーンみたいのが付いていたことです。赤玉にもあるのですかね?私は初めて見ました。頭のいい人が発明したのでしょうが、すごい感動しました。

Ph20100526a

↑写真の右のスプーンみたいのを、薬のビンに入れると穴に薬が入り1回すくうと10粒が計れるので(↓の写真)、大人は20粒なので2回分でOKです。長野県の人にしたら当たり前なのでしょうね。TVの「秘密のけんみんSHOW」に投稿したら採用されそうな情報だと思うのは私だけでしょうか。

Ph20100526b

|

« 今年の花火 | トップページ | 西村京太郎『死のスケジュール天城峠』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/48466088

この記事へのトラックバック一覧です: 長野県の赤玉はら薬?百草丸:

« 今年の花火 | トップページ | 西村京太郎『死のスケジュール天城峠』 »