« 昨日の福島県沖地震について | トップページ | 明日、大曲の新作花火コレクションですね »

2010年3月18日 (木)

相場英雄『みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎 誤認』

相場英雄さんのこのシリーズを楽しみにしています。今回で4作目だと思います。

今回は、秋田県が舞台で、乳頭温泉で妻と骨休めをしていた新聞記者宮沢に、上司から仕事の呼び出しがかかる。東京で起きた殺人事件の容疑者が秋田の出身で、その取材をしろということだった。さっそく取材を始めると、「なまはげ」に隠された謎があった。秋田県内を宮沢と警視庁の警視が一緒に・・・・

最初が福島県の奥会津を舞台にした『奥会津三泣き因習の殺意』、次が山形県の『佐渡・酒田殺人航路』、3作目が青森県が舞台で津軽三味線をキーにした『完黙 奥津軽編』。

行ったことがある場所ばかりで、本を買ってくると一気に読んでしまいます。それに間違いが無ければこのシリーズは文庫本で発表されているのだと思います。推理小説の多くがノベルで発売してその後文庫本化されるのに、最初から文庫本だと懐具合も助かります。

次回は岩手県が舞台のようなので、早く出版されないか楽しみにしています。

相場さんは本来経済記者さんだったようで、経済小説が本筋なのでしょうが個人的にこのシリーズにはまっています。

|

« 昨日の福島県沖地震について | トップページ | 明日、大曲の新作花火コレクションですね »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/47843887

この記事へのトラックバック一覧です: 相場英雄『みちのく麺食い記者・宮沢賢一郎 誤認』:

« 昨日の福島県沖地震について | トップページ | 明日、大曲の新作花火コレクションですね »