« 12年使ったPCが壊れました | トップページ | 福島県南 雪でした »

2010年2月23日 (火)

西村京太郎 『富士急行の女性客』

富士山を眺めながら走る富士急行の「フジサン特急」に乗ってきた、年の差を感じさせるカップル、終点の河口湖駅で仲良く降りたのを車掌は見たのだが、帰りの列車には女一人。

消えた五十代の男は、日本各地の不思議な場所を探検する男女五人のサークルに入っていて、青木ヶ原樹海を調べようとしていたらしい。

食い違う関係者の証言を十津川警部はどのようにして解決するのか・・・・・。

題名を見た時、久しぶりの列車トリックかと思ったのですが残念でした。最後まで犯人がわからないストーリーでしたが。もう、今の時代列車トリックは難しいのですかね。寝台特急も少なくなったし、空港は一杯できたし。ミステリー作家泣かせの時代ですかね。

今回は2日程で読んでしまいました。ただし、富士急行には一度も乗ったことがないのでイメージもなかなか湧かなかったです。

|

« 12年使ったPCが壊れました | トップページ | 福島県南 雪でした »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/47616797

この記事へのトラックバック一覧です: 西村京太郎 『富士急行の女性客』:

« 12年使ったPCが壊れました | トップページ | 福島県南 雪でした »