« 映画『おとうと』 | トップページ | 大曲「新作花火コレクション」 »

2010年2月20日 (土)

梓林太郎『山岳鉄道殺人連鎖』

テレビでよくドラマ化されている「紫門一鬼シリーズ」や「茶屋次郎シリーズ」など、梓さんの本は今まで年に1冊程度読んでいました。

今回は刑事 道原伝吉、山岳救助隊員 紫門一鬼、旅行作家 茶屋次郎―史上初のオールスターそろい踏みで事件の真相に迫ると書いてあったし、山岳鉄道でどこの鉄道と思い読み始めてしまいました。

「上高地に鉄道を通す」ことが事件の背景にあるストーリーで、最後まで楽しく読ませていただきました。上高地は何度か行ったことがあり、本を読みながら今年あたりまた行ってみたくなりました。

ただ、個人的には上高地に鉄道はいらないと思いますがね。(現実にそんな話があるのかは判りませんが)

梓さんのファンになりそうです。

|

« 映画『おとうと』 | トップページ | 大曲「新作花火コレクション」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/47616289

この記事へのトラックバック一覧です: 梓林太郎『山岳鉄道殺人連鎖』:

« 映画『おとうと』 | トップページ | 大曲「新作花火コレクション」 »