« 猪苗代 芳本茶寮へ | トップページ | 遠刈田温泉へ »

2009年9月19日 (土)

『大曲の花火』100周年記念事業 発表されました

(注)11月下旬に記念事業の内容が大幅に変更になりました。詳細は12月4日付けブログをご覧ください。(12月4日追記)

私のブログ、大曲の花火で検索して見に来てくださる方がいらっしゃるので、載せておきます。また、自分が来年忘れないように書いておきます。

さきがけ on the Web の9月9日付けの記事に記念事業が発表されています。

記事の内容を一部引用させていただくと

==================

来年7月18日、大仙市の大曲球場を有料観覧席にしたユニークな花火大会が行われる。左翼スタンドから200〜300メートル北の市有地(原野)で1時間半にわたり花火を打ち上げ、内外野席のほか球場内の升席(2メートル四方、定員6人)から花火を楽しんでもらう趣向だ。記念事業の計画を進めている100年フェスタ実行委員会によると、開催日は来年7月の3連休中日。観覧席料は1人数千円を見込んでおり、約1万2千席を用意。席によって料金が異なる。今のところ1万発近く(大曲の花火は1万5千発)を打ち上げる予定・・・・・

=================

詳しくは、秋田さきがけで検索して、さきがけさんの記事を『大曲の花火』で検索して見てください。

やはり『大曲の花火』とは別な日に行うのですね。仕方ないですね。

来年は、大曲100年記念=>柏崎=>長岡=>大曲全国花火競技大会 ちょっと無理ですね。休みがとれません。体がもちません。会社くびになりそうです。

|

« 猪苗代 芳本茶寮へ | トップページ | 遠刈田温泉へ »

花火」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/535630/46492274

この記事へのトラックバック一覧です: 『大曲の花火』100周年記念事業 発表されました:

« 猪苗代 芳本茶寮へ | トップページ | 遠刈田温泉へ »