« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月28日 (月)

須賀川市 農家レストラン銀河のほとり 行ってきました

昨日27日、須賀川市にある『穀物菜食農家レストラン 銀河のほとり』に行ってきました。

場所が清陵情報高校近くの県道355線(須賀川二本松線)沿い、滑川の橋のたもとにありました。この道は仕事の関係で今まで何度となく通ったのですが、全く記憶になく、須賀川方面から郡山へ向かうとお店の先が急な右カーブになるので道路に神経が行っているからなのか・・・、場所は判るのですが、お店は正直気づきませんでしたし、気づかない建物でした。

須賀川市で食事時間になると、同じ県道355線沿い近くの蕎麦屋さん『田村屋』さんで摂ることが多かったのですが。バリエーションが増えました。

ところで、『銀河のほとり』では、「本日のおすすめ 1050円」をいただきました。私は豆腐のハンバーグを、相方は盛り合わせ(車麩のフライ・大豆コロッケ等)をいただきました。写真の他に飲み物かデザートが付きます。おいしく頂きました。

Ph20090927c

Ph20090927d

お店の外観や場所は店のHPで確認してください。

http://plaza.rakuten.co.jp/ginganohotori/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

安達太良のコスモス

昨日、あだたらエクスプレスのゴンドラ乗り場にあるコスモス畑を見に行ってきました。

何年振りの奥岳温泉かな?だいぶ前にゴンドラに乗って山頂駅まで行って戻るつもりで何も準備しないでゴンドラ山頂駅を降りたら、小さい子供が安達太良山頂を目指して行くのを見て一緒に頂上まで行ってしまったのです、スニーカーで。今考えると恐ろしいことをしたと思います。たぶんペットボトル1本持って行ったような気がします。でもその景色は見事でした。また行ってみたいですね。

福島市内も天気があまり良くなかったのですが、奥岳温泉近くにいったら雲が濃くなり、下の写真のように、コスモスは何とか見れましたが、ゴンドラに乗るのはあきらめて戻りました。

コスモス畑も自分が思っていた程、広くなく(それなりに咲いてはいるのですが、勝手にゲレンデ一面コスモスかなと思ってしまっていたので)感じてしまいました。

駐車場は7分くらい停まってたので、結構山に登られている方がいたような感じでした。

Ph20090927b

Ph20090927a

| | コメント (0)

2009年9月26日 (土)

無花果 生で食べました

先日、秋彼岸でお墓参りに行く途中、コイン式野菜販売機に商品を入れている所に出会い、それが珍しく『大きなイチジク』に見えたので、帰りに寄ってみたらスーパーでは見られないくらい大きな無花果(イチジク)でした。お墓に行く車の中で、今年はどこからも無花果を煮たものを頂かないねと話していたら見つけたので、ご先祖さまの引き合わせかなと思い、思わず買って、生で食べてしまいました。

たぶん、生で食べるのは40年以上振りではないでしょうか?昔はどこにでも無花果に木があったような気がするのですが?あの、白い樹液でかせる人が多いようですが、私はなんともないので、小学生の頃は学校の帰りに食べながら帰った記憶があるのですがね。

この頃スーパー等で売っているのは小ぶりな無花果で(たぶん加工用)、甘く煮たものしか私も食べたことがなかったので、懐かしく頂きました。

下の写真は一番大きな無花果を食べた後に撮ったので、全部で5個入って200円でした。

Ph20090926a

無花果を買って、義兄宅へ行ったら、「無花果を煮ておいたよ」と言われ頂いてきました。集まり始めると・・・・。昨日は相方が職場の方から頂いてきました。(相方は食べません。食べるのは私だけです。糖尿病予備軍の私はどうしましょう)

Ph20090926b_2

| | コメント (0)

2009年9月23日 (水)

遠刈田温泉 旅館三治郎

旅館三治郎の日帰り温泉施設『湯の里』に行ってきました。『神の湯』の少し上にあります。

旅館とは入口が別で、日帰り専用の入口がありました。靴箱のカギをフロントに預けることによって時間を管理するシステムでした。

800円で2時間利用可能で、休憩処も利用できます。お湯は茶色に少し濁った感じで、無臭に近い感じでした。

遠刈田温泉は、だいぶ前に公衆浴場の『センター浴場』があった頃に2度程入った以来ですね。センター湯はおもむきがありましたよね。

もう少し露天風呂が広いといいのですが?

写真を撮ることができませんでしたので、旅館のHPでご覧ください。

http://www.sanjirou.co.jp/

| | コメント (0)

はらこ飯 食べてきました

はらこ飯を食べに宮城県亘理町へ行ってきました。昨年末以来です。

いつもは、「あら浜」で食べるのですが、今回は6号線沿いにある「田園亘理店」に行ってみました。午後5時半過ぎに着いたのに満席でした。

「はらこ飯」は田園の方が薄味でご飯美味しかったです。あら浜はどちらかというと漁師料理的な味付けと言ったらいいのか、どちらも美味しいのですが、おなじ「はらこ飯」でも結構違いがあるのに驚きました。

Ph20090922d

写真は『はらこ飯定食』1575円、はらこ飯、小鉢(今回は鮭のしらこの煮物でした)、お吸い物、漬物付きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠刈田温泉 賛久庵

何年振りでしょうか。遠刈田温泉街にある『賛久庵(さんくあん)』に行ってきました。ここはそば屋さんなのですが、私たちには「とうふ料理」が美味しい店の印象が強い店です。

私は「二・八そばの天ざる」1470円、相方は「とうふづくし」1890円をいただきました。とうふづくしは、写真の他に、とうふサラダ・湯葉のさしみが付いています。お豆腐はもちろん美味しいですが、かやくごはんも大変美味しかったです。二・八そばは、新そばとのことでした。店員さんの対応も良かったです。

下は二・八そばの天ざるの写真です

Ph20090922a

下の写真はとうふづくしです

Ph20090922b

下の写真は店舗の座敷に掛けてあった看板?です。

『さわぐは子供の仕事 静かに食べさす良き親の業』だれの言葉なのでしょうか、いい言葉ですね。

Ph20090922e

お店のHPです。蔵王エコーラインへの入口にあります。お奨めします。

http://www.sankuan.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠刈田温泉へ

シルーバーウィークも最終日になってしまいました。

とはいえ19日は仕事で、終わらなければ20日出勤予定でしたし、20日は相方が出勤なので実質3日間しか休みがなく、秋彼岸もあるので今回は遠出をしないことにしていたので、昨日22日、近場の遠刈田温泉に出かけてきました。

11:00自宅を出発 車に給油後11時30分に福島を出発。4号線を白石まで行き白石ICの手前、国道457線に入り遠刈田を目指しました。国道の400番台は農道より狭いのはどこも同じですね。途中ミルクファーム蔵王の少し先の直売所で里芋を買い遠刈田温泉へ

12:40 遠刈田温泉街の手打ちそばの店、賛久庵(さんくあん)へ。激込みかなと思ったら時間的に良かったのか直ぐに座れました。(詳細は別項で)

13:50 今回は旅館三治郎のお風呂に入ることにし、旅館へ向ったところ、公衆浴場『神の湯』のところで、地元の交通安全協会の方々から交通安全のチラシと大根1本を頂きました。賛久庵さんといいラッキーが続きました。

14:00 旅館三治郎着。初めての旅館です。日帰り専用のお風呂があり、のんびりできました。(詳細は別項で)

15:00 旅館出発。県道12号を大河原へ向って出発。途中『森の芽ぶきたまご舎』でプリンを買ったり、ケーヨーD2に立寄ったりしながら、大河原のフォルテへ。

16:00 フォルテ着 ここは何んとなくブラブラできるのがいいですね。  

17:15 亘理の『豆達人』で豆乳とおから等を購入後、『田園亘理店』へ

17:30 はらこ飯を食べるために田園へ、いつもは別な店で食べるのですがよく聞く田園で食べてみようとなり、寄ってみました。ここも3組程の待ちで食べることができました。(詳細は別項で)

19:30 帰宅

帰り白石からの4号線が少し渋滞していましたが、他はあまり混雑もなく廻ることができました。

| | コメント (0)

2009年9月19日 (土)

『大曲の花火』100周年記念事業 発表されました

(注)11月下旬に記念事業の内容が大幅に変更になりました。詳細は12月4日付けブログをご覧ください。(12月4日追記)

私のブログ、大曲の花火で検索して見に来てくださる方がいらっしゃるので、載せておきます。また、自分が来年忘れないように書いておきます。

さきがけ on the Web の9月9日付けの記事に記念事業が発表されています。

記事の内容を一部引用させていただくと

==================

来年7月18日、大仙市の大曲球場を有料観覧席にしたユニークな花火大会が行われる。左翼スタンドから200〜300メートル北の市有地(原野)で1時間半にわたり花火を打ち上げ、内外野席のほか球場内の升席(2メートル四方、定員6人)から花火を楽しんでもらう趣向だ。記念事業の計画を進めている100年フェスタ実行委員会によると、開催日は来年7月の3連休中日。観覧席料は1人数千円を見込んでおり、約1万2千席を用意。席によって料金が異なる。今のところ1万発近く(大曲の花火は1万5千発)を打ち上げる予定・・・・・

=================

詳しくは、秋田さきがけで検索して、さきがけさんの記事を『大曲の花火』で検索して見てください。

やはり『大曲の花火』とは別な日に行うのですね。仕方ないですね。

来年は、大曲100年記念=>柏崎=>長岡=>大曲全国花火競技大会 ちょっと無理ですね。休みがとれません。体がもちません。会社くびになりそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月13日 (日)

猪苗代 芳本茶寮へ

猪苗代で蕎麦を食べに、芳本茶寮へ12日行ってきました。

ここは何度か訪ねたのですが、タイミングが悪く満席や貸切で食べれなかったので、再度行ってみました。

今回は1時過ぎていたので、すいていました。

入ってすぐ右にテーブルが2つある他は、座敷となっていました。

私は、会津の味めぐり『吾妻』(わっぱ飯、天ぷら、ミニ刺身、茶碗蒸し、お新香、味噌汁)を奥さんは『天鏡膳』(祝言そば、おろしそば、ミニ天丼、お新香、味噌汁、あげまんじゅう)をいただきました。

蕎麦を食べに行って、蕎麦をたのまず、わっぱ飯を食べてしまいました。蕎麦は奥さんの分を少し別けてもらいました。

わっぱ飯は抜群でした。具も多く、味付けも最高でした。

蕎麦は少し固めで、歯ごたえがあり美味しかったですが、猪苗代で蕎麦は個人的にはいつもの「そば楽人」かな。

天鏡膳についた、あげまんじゅう半分頂きました。何十年ぶりでしょ。美味しかったです。メタボで強清水を通っても買ってもらえないので。

最初の2枚は『吾妻』3枚目は『天鏡膳』です。

食後、出来たばかりの道の駅『ばんだい』に寄って帰りました。

猪苗代近辺のそば畑は白い花が満開でした。(運転していたので写真はありません)

Ph20090912h

Ph20090912i

Ph20090912j

| | コメント (0)

2009年9月12日 (土)

磐梯横向温泉 マウント磐梯 立寄り湯

横向温泉のお湯はいいよと聞いてはいたのですが、一度も入ったことがなかったのでマウント磐梯へ立寄り湯に行ってきました。

着いたのが12時だったためか、紅葉前で連休前のためか、私たちが着いたときは何組か帰る時で、のんびりと独占で入ることが出来ました。(おかげで写真も撮れました)

温泉は近くの土湯峠の温泉のように硫黄臭いのかと思ったら、無臭に近い全く別な温泉でした。

露天風呂も今回私が入った風呂(男女が交代になるようですが)の方が、趣があっていいみたいです。奥さんいわく、私が入った風呂の方がいいと言ってました。

風呂後はそばを食べるつもりで猪苗代へ(別項で)

Ph20090912a

Ph20090912b

Ph20090912c

Ph20090912d

Ph20090912e

| | コメント (0)

遠近両用メガネ

昨日会社で階段をふみはずして、こけてしまいました。

最後の段だと思い足をふみだしたら、もう1段あり頭と左手小指を打撲し、メガネのテングスが切れて、メガネが曲がってしまいました。

前日、久しぶりに中学校の同級生と飲んで、二日酔いでもないと思うのですが、今日もあちこち痛いです。

私のメガネは2年程まえから、遠近両用にしており、階段は注意しているつもりだったのですが・・・・

さいわいに、メガネはメガネ屋さんで簡単に直り、ホットしています。

| | コメント (0)

2009年9月 1日 (火)

大曲の花火(3) 松島・残月 解ります?

昨夜NHKBSで大曲の花火大会の様子を放送していました。諸事情で全部をじっくり見ることが出来なったので、録画しておき時間のあるとき、小西さん(konysブログで検索すると最初に出てきます)の私評を見ながら、再度観賞したいと思います。

私のブログを『大曲 花火』で検索して見ていただく方が多いのですが、私まだ大曲4回目の若造ですので、何もわかりませんので。

新潟煙火工業さんの『昇曲導付夕暮れの松島』 松島の意味解る方はすごいと思います。小西さんの8月27日付けの記事を読んでからビデオを見ると うん だと思います。

また、大曲商工会議所青年部さんのブログで、昼花火で落下傘さんが降りてきますが、あれを『残月』というのを始めて知りました。また、残月の花火大会があるのですね。おそるべし秋田県大仙市! 11月に残月を追いかける花火大会があるのですね。今年第3回ということは、だれか映像アップしていないかな?探してみよう。

http://www.geocities.jp/omagarihanabiclub/2009hanabigoyomi_b.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »