« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月

2009年5月 9日 (土)

親知らずを抜歯

今日、親知らずを抜歯してきました。

別な歯の歯槽膿漏を見てもらいに歯医者さんに行ったら、右下の親知らずの方がひどいといわれ、今日抜くことになりました。

親知らずの頭がちょっとだけ出ていて、そこから菌が入り、親知らずが歯槽膿漏になり、骨が溶けてきているので、抜きましょうと言われてしまいました。

歯が大きく、抜歯に苦労し、1時間近くかかりました。現在、すごく腫れて、とほほなくらい痛いです。

ひどくなければ、明日蔵王えぼしスキー場の水仙を見に行けたらいいなと思っていたのですが、明日は無理みたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

善光寺・黒部アルペンルート(2)雪の大谷ウォーク

同じコースを3日廻った人が立山駅に着いたのが夕方6時で、福島着が深夜12時を過ぎてしまったので、早くホテル出ることになりました。

7時30分ホテル発。8時15分扇沢着。扇沢9時30分のトロリーバスに乗ることができました。黒部ダムをここに作ろうと考えた人は、すごいと思います。

11時に黒部平着。ここの雪景色は最高でした。言葉ではあらわせまん。ここでロープウエイ1時間待ちの間に、昼食の弁当を、2人で1人分をいただきました。

13時前に室堂着。まず雪の大谷ウオークへ、雪の壁が15メートルもありすごいです。室堂駅の屋上からの眺めも最高でした。このころまで何とか天気も持ってくれました。

14時20分の高原バスで美女平へ、さらにケーブルカーに乗り継いで立山駅に着いたのが16時15分。17時には立山ICから北陸自動車道へ

上越JCT付近が若干渋滞していましたが、ほぼ順調に走って郡山駅経由福島駅に23時前に着くことができました。

GWの黒部アルペンルートは、待ち時間に疲れてしまいました。

でも天気に恵まれ、最高の景色を堪能することができました。感謝・感謝

Ph20090505a  

 

 

 

 

 

 

 

     (黒部平から黒部ダムを望む)

Ph20090505b

 

 

 

 

 

 

 

 

(写真屋さんの撮影用イスをお借りして昼食、おいしかったです)

Ph20090505c  

 

 

 

 

  

 

 

          (立山ロープウェイから大観峰を望む)

Ph20090505e  

 

 

 

 

 

 

 

   (雪の大谷 最高地点 15メートルの高さ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

善光寺・黒部アルペンルートの旅(1)

今回はバス旅行の報告です。

5月4日朝7時に福島駅西口を出発し、郡山駅前経由で長野へ向かいました。

上越JCT付近から断続的にGWの渋滞に遭遇、長野ICを降りたのは午後2時頃になってしまいました。おぎの屋長野店で昼食(釜飯)をいただきました。掛紙が御開帳期間限定となっているとのことで、記念に頂いてきました。

善光寺に着いたのは3時過ぎに、でもすごい人です。回向柱に触れるために並んでいる人が多く約1時間待ち。お数珠頂戴だけをして、あとは門前を見て廻りました。

前回は7年前の8月に寄っており、7年後の御開帳のときも来るようになるのかな?定年になっているしと思っています。

午後5時30分頃に善光寺を出発し、宿泊先の白馬に7時には着きました。

自分で運転しない旅は、楽といえば楽ですが、団体行動はしばりが多いですね。仕方ありませんが。 Ph20090504b      

   

    

    

    

   

 

 

   

 

 (おぎの屋長野店での昼食 久振りの釜飯おいしかったです)     Ph20090504e 

  

 

 

  

  

   

 

  

   

    

   

     

     (善光寺御開帳記念の掛紙とのこと)  Ph20090504a

 

    

   

 

  

   

   

  

 

  (人・人の本堂前 手前にあるのが回向柱です)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

明日から黒部へ行ってきます

明日から善光寺と黒部アルペンルートへ行ってきます。

黒部は10年以上前に一度行ったことがありますが、その時は9月頃で今度は雪の回廊を歩けるのを楽しみにしています。

前回は電車で個人で行ったのですが、今回はバスツアーで、バスツアーは何十年振りかなので楽しみ半分、不安半分です。

帰ってきたら報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »