外食・109群馬県

2017年9月21日 (木)

ググっとぐんまへ(5) 草津温泉

草津温泉で宿泊したのは、『ホテル桜井』。
は撮影禁止マークが出ていたので有りません。これだけの大型ホテルで温泉の撮影は元来無理。
夜は湯もみショーや太鼓ショーなどが催されており、楽しむことが出来ます。
Php9151339
夕食は100種類以上のバイキング。
食べ切れません。 
Php9151326
最初と最後だけ写真を撮影。
ドラゴンフルーツ、初めて食べました。Php9151330
朝食もバイキング。
この日はパン食にしました。パンに納豆?(笑)
Php9161342_2
朝は、湯畑まで散策。
Phimg_4852
さすがにここでの顔出しは・・・・
Phimg_4836
湯畑を見たのは何年振りだろう?
Phimg_4849
 
Phimg_4847
 
Phimg_4845
マンホールも可愛い!
Phimg_4853
ホテルの正面玄関で記念撮影して、草津温泉をあとにしました。
Php9161347
(つづく)

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2017年9月17日 (日)

ググっとぐんまへ(1) こんにゃく&妙義山

いつものように、旅行記を纏めるのが下手なしゅうちゃん。
備忘録も兼ねているので何日かかって完結することやら、気長にお付き合いください。

9月14日(木) 
7時10分 通勤ラッシュが始まる前にと思って自宅を出発。でも、渋滞は始っていました。
7時55分 二本松ICから東北自動車道へ。
岩舟JCTから北関東自動車道へ、さらに高崎JCTで関越自動車道を東京方面へチョッピリ走行、さすが関越道だ覆面Pに止められてる車を発見。さらにさらに、藤岡JCTで上信越自動車道に入りるとまもなく富岡IC。
10時30分 富岡ICを降りて一般道へ。
Php9141173
富岡と言ったら、世界遺産に登録された富岡製糸場ですが、相方の実家は昔養蚕業を営んでいたこともあり、あまり見たくないそうでスルーです。
ちなみにしゅうちゃんは、福島駅の西口側にあった製糸工場が小さい頃の遊び場だったこともあり、同じくスルー
以前からテレビ等で紹介されている、こちらに行きたかったので立寄りです。
Php9141192
受付を済まして、まず工場見学。
ここは、しらたきの製造ラインだったような?
Php9141179
そうなんだ!
Php9141181
入口に展示してあった『こんにゃく芋』
これだけ大きな芋を見たのは初めてです。
Php9141189
工場見学を終えると、お土産売り場の横にある試食コーナーへ。
Php9141184
バイキングで、色々なコンニャク製品の試食が出来ます。
(試食バイキングが、この日の昼食になっちゃいました)
Php9141186
試食のルールがありました。
Php9141188
店の外には試食バイキングの行列用スペースが・・・休日は並ぶんだろうな。
Php9141190
試食後、美味しかったコンニャク製品を購入して、こんにゃくパークを後に。
 
国道254号、県道51号、県道196号(上毛三山パノラマ街道)を利用して向かった先は妙義山。
上信越自動車道を走り、このノコギリのような山が見えてくると軽井沢へ向かって登坂が続くと感じる場所です。
Php9141222
オラには登山は無理なので
Php9141205
中之嶽神社へお参りだけ?します。
Php9141219
日本一のだいこく様が鎮座しています。
Php9141199
参道を進むと見えてくるのが中之嶽大国神社社殿
Php9141200
その横には、長い階段。
Php9141204
その階段を登った所にあるのが、中之嶽神社社殿
Php9141208
ここは、山中にある轟岩を御神体とするため、本殿は無く拝殿のみがあるそうです。
Php9141212
この社殿の横を進むと登山道になるようですが、ここで戻ります。
でも、昇りより下りの方が危険です。
Php9141214
顔出しパネルが有ったので・・・・これで運気上昇。
Php9141218
ご朱印は2社分を見開きで頂きました。立派なご朱印です。
Phimg_4866
県道196号をさらに松井田方面へ向かいます。
こんな所に、よく道を作ったと感心しながら走りました。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年10月 6日 (月)

老神温泉&吹割の滝

台風が直撃された地域の方、大丈夫でしたでしょうか。
こちらは、けっこう降りましたが、高速で通り過ぎた感じで、あっという間にになりました。

先月末の旅の報告も急がないといけませんね。
今回宿泊したのは、老神温泉(おいがみおんせん) 源泉かけ流しの宿「吟松亭あわしま」。
老神温泉の云われは
『赤城山の神である大蛇と、日光の二荒山の神の大ムカデが争った際に、赤城山の神がこの温泉で傷をいやし、二荒山の神を追い払ったとされ、「追神温泉」と命名され、のちに「老神」となった』そうです。
Phimg_2277
部屋は、普通かな?

びっくりしたのは、ロービーフロント横にあった、楠(くすのき)の一刀彫「群馬百頭」
Phimg_2281
ボケボケだけど、数えたわけではないけど・・・すごかったです。
Phimg_2282

さて夕食です。山賊鍋が名物らしいです、素直に美味しかったです。
Php9270698

折角なので、地元の飲み比べセットをいただきました。
Php9270695
①+③+⑤+⑥
Php9270703
料理の写真、撮り忘れました。献立表で想像してください
Php9270705

食後に行ってみたら、か・し・き・り
Php9270729
源泉かけ流しのお風呂
Php9270727
でも、個人的には、もう少し熱いほうが好みなんだけど
Php9270713
今回は
Php9270714
広い露天風呂。日中は反対側の山並みが見れました。
Php9270715
残念ながら貸切状態に出来たのはこの時だけでした。
Php9280732
朝食は「もち豚のしゃぶしゃぶ」以外は、一般的な旅館の朝食ですね。ご飯は2杯も食べてしまいました。

翌朝は、国道120号を奥日光へ向かうことに。
老神温泉から車で数分の所にある天然記念物『吹割の滝』に寄ってみました。
Phimg_2284
ここ吹割の滝、駐車場についてクレームが多い場所とは知っていましたが、調べたら『ここ、滝の駅』は、施設を利用しなくても自由に駐車可とのことなので利用させていただきました。
歩くこと10分程で滝に到着。
Phimg_2292

Phimg_2294

パンフレット等で見かける風景です。
Phimg_2301

Phimg_2306

Phimg_2309

さて、国道120号金精峠を越えて奥日光へ向かいましょう!
次回でなんとか終われそうです?

| | コメント (9) | トラックバック (0)