外食・074会津若松市

2017年4月29日 (土)

会津をウロウロ

23日(日)ドライブ報告の続きです。

鶴ヶ城を後にして向かったのは、満田屋さん。
Php4230095
味噌屋さんなんですが、みそ田楽が有名なんです。
私は2年前に食べていますが、相方は久しぶりだったようです。
Php4230085
早めの到着だったので、あまり待たずに席へ案内されました。
今回も「みそ田楽コース」
Php4230086
こんにゃく(2本)、味噌の種類が違います。
Php4230087
案内された席は、囲炉裏の前でした、ラッキー。
Php4230089
さといも&とうふ生揚げ
Php4230091
しんごろう(うるち米を半つきにしたもの)
Php4230092
身欠にしん&おもち
Php4230094
素材によって味噌が違いますが、いつも変わらない味に満足満足
待ち時間を含めて1時間程で食べれました。日曜日なので覚悟して訪問しましたが意外と早かったです。
(食べ終わったころは、激混みで1時間待ちになっていました。ラッキー)

食後、県内の道の駅で実施しているスタンプラリーの押印のため、道の駅巡りです。
会津若松市の北側にある『道の駅 あいづ 湯川・会津坂下』へ
遠くに見える、沢山の雪を抱いているのは、たぶん飯豊山?
すぐそこまで雪のように見えます。
Php4230100

会津坂下にある『春日八郎記念館』へ寄ってみました。
私の年齢以上の方ならご存知の歌手。
出身地の会津坂下町に想い出の品が展示されており、無料で見学できます。
Php4230104
左にある杉の木が、別れの一本杉?だそうです。
Php4230105
さらに、『杉の糸桜』の看板があったので寄ってみました。
葉が出ているのですが、咲いている花は少なかったです。
Phimg_0040
同じ境内にある、こちらの桜のある風景の方が赴きがありました。
Phimg_0041

国道49号に別れ、国道252号を新潟方面へ向かった所にある『道の駅 会津柳津』
国道252号、新潟県との県境付近は今だに冬季通行止めです。
Phimg_0044
ここの桜も満開に近かったです。赤い橋は国道252号線の橋になります。
Phimg_0048

国道252号沿いの『道の駅 尾瀬街道みしま宿』『奥会津 かねやま』とスタンプをゲット。
さらに国道252号から国道400号へ入って『道の駅 からむし織の里しょうわ』へ
施設内にも雪が残っています。
Php4230108
ここから会津田島へ抜ける間の国道400号、一部はトンネルが出来て改良されましたが、それでも400番台の国道です
さすがに路面には雪は有りませんが、道路脇には雪がまだまだ残っていました。
Php4230111

会津鉄道 会津田島駅で撮影したい列車があったのですが、時間的に待ち時間が2時間以上になってしまったので、今回はスルー。
先へ進んで会津湯野上駅で休憩。
時刻表を見たら、5分程で『お座トロ展望列車』が来ることが判ったので待ちます。
Phimg_0050
桜が咲いていたら最高なんですが、残念ながらまだ咲いていませんでした。
Phimg_0055

Phimg_0060

最後に国道118号で須賀川へ抜ける途中にある『道の駅 羽鳥湖高原』でスタンプをゲットして帰宅しました。
福島県内に道の駅が28ヶ所あるんですが、20ヶ所のスタンプをゲットしました。
スタンプラリー期限の5月末までに残りを制覇したいな~。

諸事情により、皆さんへのコメント、コメントの返事、いいね!など遅れる場合がありますのでご了承ください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年9月28日 (水)

東山温泉 庄助の宿 瀧の湯(2)

夕食は、数か所ある食事処でいただきます。
『心あったか会津料理 長月のお献立』だそうで、標準の宿泊コースと同じ料理内容のようです。
Phcimg0048
右上に写っているのは、鍋物(庄助あわゆき鍋)の具材
Phcimg0003
豆乳の鍋(写真撮り忘れただ)に具剤を入れ、左下の汁に付けて食べました。美味しかったです。
Phcimg0004
蕎麦、茶碗蒸し 皆さん茶碗蒸しはどうしますか?私は熱いのが苦手なので、茶碗蒸しは出てくると蓋を取って冷ましてから食べます
Phcimg0006
陶板焼きは、味噌が私にはピリ辛過ぎましたが、相方は美味しかったそうです。
Phcimg0007
そうそう、チェックイン時に試飲した日本酒の中で美味く感じた、地元花春酒造の『庄助の酒』をいただきました。
Phcimg0011

Phcimg0010

Phcimg0013
高級な食材はありませんが、内容も量的にも丁度よく、満足の夕食でした。

午後9時からは、対岸の能舞台にスクリーンを設置して、会津の物語の映像や、語り部による会津の昔話などを楽しみました。
Phcimg0015
数日前から続く雨の影響で川の水量が多く、水音が気になりましたが、いつのまにか

と言ったら アップしておきます。
Phcimg9988
この旅館は、貸切風呂が数ヶ所有るようです。その中で翌朝自由に利用できるが有ったのでパチリ。
川沿いの趣きのある貸切露天風呂のようです。
Phcimg0019

のあとの朝食は、和食バイキングで・・・・写真がボケちゃいました。
Phcimg0021
餅が美味しかったです。餡子の他に雑煮やきな粉などもありました。
Phcimg0022
会津の美味しい牛乳やフレッシュジュースもでした。
近くの若いカップル、お餅が大好きなのか?何皿もお餅を食べていました、若いって羨ましい

さて、いくらで宿泊したかですが
お部屋は訳あり、他に秋直前のオフシーズン&平日&日にち限定の宿泊プラン
  1泊2食付2名利用で 15,120円(税、サービス料込、入湯税別)

ここから、いろんな値引き開始
・J予約サイトがたまたま実施していた『2000予約限定 平日の宿泊がお得になるクーポン』利用で ▲1000円
・期間限定のポイント ▲2500円
・通常のポイント ▲200円
   なんだかんだで・・・・11,420円(税、サービス料込、入湯税別)2人でだよ~
もちろん夕食時の飲み物代別ですが、大満足の旅でした。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2015年10月26日 (月)

ようこそ みちのくへ(完) 鶴ヶ城・満田屋

長い間お付き合いいただき、ありがとうございます。
今回の友人達との旅行記も最後になりました。
この時に走った磐梯吾妻スカイラインの浄土平、今朝の新聞では雪が降ったとのこと、一気に晩秋へ季節が進んでいるようです。

19日日、会津では外せない鶴ヶ城へ。
私も、春桜の季節以外で訪ねるのは久しぶりですが、紅葉時の鶴ヶ城も良かったです。
このお城、昭和40年に鉄筋コンクリート造りで再建されたものです。
Phimg_9537
中は博物館になっています。
Phimg_9540
5層目の展望台からの眺めです。
Phimg_9546
会津若松市内を見渡せます。
Phimg_9550
▼コンデジのパノラマモードで
Phpa190319_2

Phimg_9555
みんなで記念撮影
Phimg_9562
茶室「麟閣」より天守を
Phimg_9568

今回の旅行最後の食事は、満田屋さんで「みそ田楽」を
Phdsc07567_2
(外観は撮影忘れたので友人が撮影したものです)

Phimg_9578
こんにゃく以外は囲炉裏で焼いて出されます。
Phimg_9579
▼ 左(こんにゃく)  右(とうふ生揚)
Phimg_9580 Phimg_9581
▼ 左(身欠にしん)  右(里いも)
Phimg_9582 Phimg_9583
▼ 左(もち)   右(しんごろう)
Phimg_9585 Phimg_9586

最後は、猪苗代湖を見ていただきました。
Phimg_9587

欲張ったので、忙しい旅となってしまいました。
郡山駅で、2年後の再会を約束してお別れしました。また会いましょう。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2015年9月25日 (金)

あいづの秋 猪苗代編

会津藩公行列を見たあと、市内をブラブラ。
どこも混んでいるので市外へ少し車を走らせ、いつもの「お秀茶屋」へ。
Phcimg1211
田楽セット800円(餅×2、生揚×2、里いも×1、鰊×1) 炉端で焼くので注文から少し時間がかかります。
Phcimg1210
写真だと、少ないように思えますが、これでお腹一杯になります。

その後向かったのは、猪苗代の川桁駅付近へ
▼蕎麦の花も終わりかな?
Phimg_8597
▼まもなく新蕎麦の季節
Phimg_8581
▼ススキの向こうに、黄金色の稲穂と会津磐梯山
Phimg_8613
▼振り向けば猪苗代湖方面なんですが、磐越自動車道が邪魔をします。
右奥の自動車は高速道路の車です。左の車は愛車です。
Phimg_8595
▼踏切が鳴りだしました。
Phimg_8571
▼磐越西線川桁駅~猪苗代駅間の719系 奥に見えるホテルはリステル猪苗代
Phimg_8577
▼会津磐梯山の下を猪苗代駅に向かう719系電車
Phimg_8578
あぜ道の2人は農家さんではありません。
このあと本命のがやってきます。(鉄のお話でした
つづく

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

会津若松 料理旅館 田事

先月末、仕事で会津若松市まで行った時の、ランチを紹介します。
同行者が食べたいということで、料理旅館 田事(たごと)さんへ。
名前のとおり料理旅館ですが、食事のみも可能。
Phcimg0727
一般的な『わっぱめし』をこのお店では『めっぱめし』というようです。
お店お薦めの『白魚せいろ めっぱめし』 こづゆ、みそ田楽付 (1450円税別)を注文
Phcimg0734
最後まで熱々のご飯
Phcimg0735
会津の郷土料理『こづゆ』も美味しかったです
Phcimg0739
みそ田楽も美味しくいただきました。
Phcimg0731
店内は、こんな感じ
Phcimg0742
外観も素敵なお店でした。
Phcimg0744
会津市内は城下町。迷路のような道、ナビに案内されないとたどり着けない場所でした。

田事さんの場所は -----> こちら

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

会津ソースカツ丼

今晩21時からBS朝日で、
鉄道・絶景の旅 「紅葉と清流の絶景を求めて みちのく ローカル線の旅」
で、阿武隈急行・フラワー長井線が放送されるようです。
今年私のブログでアップしたローカル鉄道です、どんな風景が放送されるのか楽しみです。
見なくっちゃ!

昨日、仕事で会津若松市へ。
同行者が、ソースカツ丼食べたいと言うので、十文字屋さんへPhpb191295
町の食堂といった雰囲気のお店ですが、ラーメン&餃子&ソースカツ丼が有名なお店。
仕事の関係で、お店に到着したのが午後2時前なのに、満席状態。

実をいうと、ソースカツ丼を食べるのは初めて。
ここ十文字屋さんは、ボリューム満点のお店で、「磐梯カツ丼 1200円」なるカツが山盛りのメニューがあるのですが、他の人が食べてるを見て注文を諦め、
今回
Phpb191294
私が注文したのは、ヒレカツ丼1100円
会津ソースカツ丼は、ご飯の上にキャベツとソースに浸したカツがのるスタイル。
ここのお店の場合、肉厚なヒレカツ×3枚。
写真の撮り方がヘタなので判りずらいですが、口を大きく開けないと食べれない位の肉厚、しかも1枚がコロッケ並みの大きさ。ヒレカツ2枚を取り皿(最初から取り皿が付いてきます)によけないと、ご飯にありつけません。
柔らかいお肉と甘いソースがマッチして美味しかったですが・・・・
全部食べきれず、ヒレカツ半切れ(これも初めから1枚だけ半分にカット済み)は同行者に食べてもらいました。

帰りに、猪苗代湖畔にある、世界のガラス館に寄ってみたら
Phpb191298
生雪 先日駐車場に降った雪を除雪して集めたので、残ったようです。
↑正面右側は、野口英世記念館。左が喜多方ラーメン館猪苗代店です。
他の道路・田畑にはありませんでした。

スキー場もどこにあるか一目瞭然ですね。
Phpb191300
それにしても、寒かったです。

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2014年4月25日 (金)

会津へGO!(4) 田楽&石部桜

鶴ヶ城を散策していたらお昼をだいぶ過ぎてしまいました。
最初の予定では会津でお奨めの『ソースカツ丼』でも食べようと思っていたのですが・・・・
途中で食べた「なみえ焼きそば」がお腹に残っており予定変更。
東山温泉へ向かう途中にある『お秀茶屋』へ
Php4200396
ここでは、暖簾にもあるように田楽が有名。
田楽セット1人前(餅2本、生揚2本、鰊1本、コンニャク1本)750円
囲炉裏で焼いています。
Php4200394
何度か来ているお店ですが、この看板、今回初めて読みました。
Php4200397
フムフム!
Php42003972

Php4200399

さて、再び花見の継続です。飯盛山麓の市営駐車場に車を入れ、ここまで歩きました。
Phimg_8984
去年の大河ドラマのオープニングに登場していた「石部桜(いしべさくら)」
Phimg_8990
樹齢600年のエドヒガン桜とのことです。
Phimg_8999
小粒な花が沢山密集して咲いていますが
Phimg_8997
裏?から見ると微妙です。
Phimg_8995 
つづく

| | コメント (6) | トラックバック (0)