外食・029青森県

2017年5月 4日 (木)

青森・秋田 花火・桜・鉄の旅(4) 芦野公園・浅虫温泉

4月27日 弘前公園で桜を堪能した後、国道339号北上していたら、今回の旅行で初めての道の駅に遭遇です。
鶴田町にある『道の駅つるた 鶴の里あるじゃ (詳しくはこちら)』
Php4270123
鶴田町って、ツルツルの頭に、紐のついた吸盤をつけて引き合うイベントが開催される町でした。
Php5020246
スタンプにもある、鶴の舞橋に立ち寄ってみました。
廻堰大溜池(津軽富士見湖)から見る岩木山(津軽富士)。
Phimg_0205
そして、平成6年に日本一長い木造の橋として作られた『鶴の舞橋』
朝晩に撮影するのがいいみたいです。
Phimg_0201

さらに北上し、五所川原市内で昼食時間に。
農産物直売所内に併設されている『じょっぱり食堂』で食べました。
ミックスフライ定食880円(5種類のフライから2種類を選べました。エビフライ・カキフライをチョイス)
Php4270125

国道339号をさらに北上し、金木町へ向かいます。
芦野公園の桜も見頃とのことだったのと
Phimg_0213
のコラボ写真を撮りたかったので。
Phimg_0214
↓オイオイ、そこで写真を撮っちゃダメでしょう!
Phimg_0216
到着後、時刻表を見たら電車は行ったばかり
寄り道しすぎてました、時刻表を確認してから出かけましょう
Phimg_0210
次の列車まで2時間弱、列車が無くても、いいネ!なんちゃって。
Phimg_0211
後ろ髪をひかれながら駅を後にしました。
金木町と言ったら、太宰治記念館『斜陽館』、の前を通過。
Php4270128

この日の宿泊、弘前近辺では予約が取れなかったので、少し離れた竜飛崎を予定して一旦予約を入れたのです。
でも直前になって、国道339号の冬季閉鎖から再開通になるのが訪ねる数日前!
ノーマルタイヤに交換済だし、5月になっても雪が降る年もある場所なことにびびってしまい、ちょっと遠いけど青森市の市街地に近い浅虫温泉に変更しました。

国道101号・7号・4号と走って、16時前に浅虫温泉到着。
今回予約したのは、「ホテル秋田屋」。
▼正面に見える6階建ての建物で、手前に国道4号、奥に旧東北本線(現あおい森鉄道)に挟まれていました。
Phimg_0221
▼右奥に見えるのが、浅虫水族館
Php4270145
部屋から見える、あおい森鉄道の車両を撮ったのですが、設定を間違えたようです。
Phimg_0219
再上階のお風呂からの眺めは最高。
Php4270131
露天風呂?もあります。
Php4270141
夕焼けも綺麗に見えそうですが、夕食前に疲れてひと眠りしちゃいました。
Php4270133
夕飯は、今どき珍しい部屋出しです。
Php4270148
1杯飲みながら食べていたら、食べきれずチョッピリ残してしまいました。
Php4270150

朝食は、大広間で頂くのですが、床の間から見える外の景色にビックリ。
Php4280152
ホタテの貝焼き卵とじが
Php4280151
翌朝、浅虫温泉の海岸を散歩。
Phimg_0229
陸奥湾越しに見る青森港と岩木山。
岩木山の存在感、すごいですね。
Phimg_0230
そうそう1泊一人9180円、コスパ的には大満足でした。

秋田へ向いましょう。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年5月 1日 (日)

三陸の旅 1日目の2 八戸へ

名前は何度も聞いたことがある奥入瀬渓流。十和田湖子ノ口から焼山までの14㎞の渓流です。
紅葉時には身動きがとれない位に混雑する場所ですが、GW前のこの時期は車も問題なく駐車出来る位でした。
Phimg_2742
一番の見どころ銚子大滝も占有
Phimg_2746
▼雲井の滝 紅葉時は見事なんでしょうね
Phimg_2749
貸自転車で廻っている人がいました。しかもは電動アシスト付、楽かもしれませんね。
▼阿修羅の流れ
Phimg_2753
▼石ヶ戸 大きな岩の一方がカツラの巨木に支えられ、岩小屋のように見える場所だそうです
Phimg_2767
もう少しあとだと、新緑がまぶしくなるかもしれませんね。
Phimg_2768

14時過ぎ奥入瀬渓流をあとに、国道102号を十和田市街地へ向かって進みます。
▼14時40分 道の駅奥入瀬到着 駐車場が大きな道の駅ですね
Phimg_2979
公園の桜が満開でした。
Php4270768

道の駅から10㎞程走った所にある十和田市官庁街通り(駒街道)の桜並木がすごい、とのことで寄ってみましたが、残念ながら花は大分散っていました。
十和田市は、かつて軍馬の繁殖が盛んだったようで、馬のモニュメントが迎えてくれました。
Phcimg9400

国道4号経由で八戸へ向かい、途中にある道の駅十和田で一休み。
Phimg_2980
ここは道の駅の隣に場外馬券発売所(岩手競馬)が有りました。こんな道の駅初めて
ここは、長芋が名産のようで激安だったので、思わず買ってしまいました。
道の駅のスタンプにも「長芋」「馬」が入っていますね。
Php4270769

八戸で「御朱印」で検索したら、ここ「櫛引(くしひき)八幡神社」がヒット、立寄ってみました。
Php4270771
大きな神社です。
Php4270773
は花筏状態
Php4270778
御朱印を頂きました。
Phimg_2977

夕食を摂ってからホテルへ入ることにして、いつもの「八食センター」へ。
この食べ放題が気になっていましたが、あまり食べれそうになかったので・・・
Php4270790
こちらのお店で食べることにしました。
Php4270788
私は、八食丼1050円
Php4270783
相方は、特選寿司1100円
Php4270785
これでも満腹になってしまいます。

18時過ぎ、予定より早くホテルに入ることができました。
このホテル前の道路、3車線あるのに一方通行なことに
Php4280792
この日の走行キロは460㎞、さすがに疲れてすぐに眠っちゃいました。
翌朝はホテルの朝食を食べ過ぎちゃいました。
Php4280791
(つづく)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年4月30日 (土)

三陸の旅 1日目の1 十和田湖へ

しばらく留守にしました。
4月29日、秋田県大仙市大曲で開催の花火大会に合わせて東北を少し廻ってきました。
東日本大震の前年に三陸方面へ行ってから、久しく訪ねていないのでそちら方面へ行くことにしました。
旅行ツアー風に表現するなら
「3泊4日 みちのく道の駅めぐり&あまちゃん想い出の旅&おまけの花火」

1日目は十和田湖から八戸(宿泊)へ向かいました。
Map20160427
7時過ぎに自宅を出発、東北自動車道を北上。
10時15分 岩手山SAで休憩、雪を抱いた岩手山が間近に見えます。
Phcimg1975
10時40分 安代(あじろ)JCTを通過
Phcimg1978
11時 満開の桜咲く十和田ICで高速を降り、国道103号経由で十和田湖へ向かいます。
Phcimg1980
田沢湖は何度も訪ねているのですが、十和田湖はたぶん初めて?
11時40分 快晴の発荷峠展望台からの眺めを楽しんだあと、休屋へ。
Phimg_2706
12時 休屋の駐車場へ、お昼はこちらの食堂で。
Phimg_2720
十和田のB級グルメ「十和田バラ焼き」(単品)850円
Phimg_2715
ひめます刺身定食1610円 をシェアしました。
Phimg_2717

Phimg_2718

十和田湖といったら、高村光太郎の「乙女の像」
Phimg_2726
奇跡的に誰も居ない瞬間がありました。
Phimg_2731
すぐ近くにある十和田神社
Phimg_2732
江戸時代までは、山伏の修行の場所でもあったとか?そんな雰囲気の場所でした。
Phimg_2733
(つづく)

| | コメント (10) | トラックバック (0)