2019年5月20日 (月)

五能線の旅(4) 青森へ➃

5月12日 リゾートしらかみ1号(橅編成)の旅も最終回です。

深浦駅を出発しても、しばらく絶景が続きます。
Phimg_0235
昼時になってきたので、秋田駅で買った弁当を
Phdsc_1068
ジュンサイの酢の物まで付いていました。
Phdsc_1070
絶景を見ながら食べるお弁当は最高でした。
Phimg_0236
千畳敷駅、リゾートしらかみ1号は残念ながら通過しちゃいます。
Phimg_0242
さらに進むと正面に、雪を抱いた岩木山が見えるようになります。
Phimg_0247
鯵ヶ沢駅の手前で八重桜がお出迎え
Phimg_0249
そして鯵ヶ沢駅から乗り込んできたのは、津軽三味線の生演奏者。
運転席の後ろのイベントスペースで演奏してくれます。
Phimg_0255
津軽三味線の演奏は五所川原駅まで続きます。
五所川原駅では、津軽鉄道の列車にも出会えました。
Phimg_0262
五所川原駅からは岩木山を右手に見ながら南下します。
Phimg_0267
そして五所川原駅からは、『津軽伝統 金多豆蔵(きんたまめじょ)人形芝居』の上演がありました。
Phimg_0271
この日は、『なまはげ太鼓』『津軽三味線生演奏』『津軽伝統金多豆蔵人形芝居』と色々なイベントを楽しむことが出来ました。
Phimg_0270
車両の外には、真っ白な花が咲くリンゴ畑が広がり、その先には津軽富士(岩木山)が。
Phimg_0275
五能線の終点に近づいた所で、『岩木山』『五能線』『リンゴの花』のコラボをゲット。
Phimg_0285
12時35分 五能線の終着駅となる川部駅(奥羽本線との接続駅)に到着。
ここからは進行方向が変り、奥羽本線を弘前駅に向かいます。
Phimg_0291
僅か7分で弘前駅に到着。乗客の利便のため弘前駅に立ち寄るみたいです。
Phimg_0296
弘南鉄道の車両、飯坂線の車両に似てるな~?。
Phimg_0295
そして再び進行方向を変え、再度川部駅を通過して青森駅へ。
青い森鉄道の車両が現れると青森駅に到着です。
Phimg_0303
昔は、この先青函連絡船の岸壁へ線路が繋がっていたんですね。
Phimg_0306
13時29分 青森駅着、青森駅ホームに立ったのは初めて。
5時間9分も同じ列車に乗る続けたのも、夜行列車を除き初めてかも?
お疲れさんでした、リゾートしらかみ 橅編成。
Phimg_0308
20分後には、折り返し『リゾートしらかみ4号』として秋田駅へ向かって出発するんだから、タフだね。
Phimg_0312
楽しい旅をありがとう。

ポチッとよろしく!
(青森市内編につづく)

| | コメント (0)

2019年5月19日 (日)

五能線の旅(3) 青森へ➂

5月12日 リゾートしらかみ1号(橅編成)への乗車記まだ続きます。

東八森駅を過ぎると日本海と国道101号が接近してきます。
Phimg_0172
こんな風景が連続して現れます。
Phimg_0173

岩館駅で上り快速列車と交換です。
Phimg_0178
展望室からの眺め
Phimg_0184
岩館駅~大間越駅間の絶景ポイントでは、列車はスピードを落として運転してくれます。
Phimg_0186

Phimg_0191
絶景が続きます。
Phimg_0193
この付近で青森県に入りました。
Phimg_0195

十二湖駅~陸奥岩崎駅間 国道101号を走っているだけでは、出会えない風景も見れました。
Phimg_0198

Phimg_0200
ウェスパ椿山駅に到着
Phimg_0204

ウエスパ椿山、以前ここの日帰り温泉を利用したことがあるな!?
Phimg_0207
まだまだ絶景が続きます。
Phimg_0211
ハイブリッド車独特の運転席表示
Phimg_0214
これだけ全面展望が見れると楽しくて、何度も展望室へ来ちゃいます。
Phimg_0216

リゾートしらかみ号の車内で行われていたワゴン販売が廃止になった代わりに、『ふれあい販売』として停車駅の地元の方が色々販売に来てくれます。
十二湖~深浦駅間では、こんな物が販売されました。
左から、椿山プリン・マグカツサンドミニ・笹餅、全部買っちゃいました。
Phdsc_1065

10時52分 深浦駅に到着
乗務員もここで交代になるようです。
Phimg_0220
6分間停車なのでホームへ、日本海と『リゾートしらかみ 橅編成』
Phimg_0223
ここで青森から秋田へ向かう、上りリゾートしらかみ2号と交換です。
Phimg_0224
『リゾートしらかみ くまげら編成』です。
Phimg_0225
くまげら編成は翌日乗車予定なので、その時に詳細は紹介したいと思います。
Phimg_0231
(つづく)

ポチッとよろしく!

| | コメント (6)

2019年5月18日 (土)

五能線の旅(2) 青森へ➁

全国新酒鑑評会で福島県内22銘柄が金賞を受賞しました。県別の金賞数で7年連続『日本一』になったそうです。
各蔵元の努力の結果なんでしょう、おめでとうございます。
ちなみに2番目が秋田県の18銘柄だそうです。

『快速リゾートしらかみ』は、橅(ぶな)編成・青池編成・くまげら編成と3編成で、秋田~青森・弘前間を3往復しています。
現在の橅編成車両は2016年から、青池編成は2010年からハイブリッド車で運行されていますが、くまげら編成は2006年から使用されているキハ48から改造された車両。
どの車両編成が、どのダイヤに入るかはローテションで変わるようです。

私が利用した5月12日のリゾートしらかみ1号(青森行)は、最新の橅編成で運行されました。
Phimg_0117
皆さんが乗車する前に、できるだけ車内を撮って歩きます。
▼1号車 全車両とも窓が大きく景色を見やすいですね。
Phimg_0125
グリーン車には乗ったことがありませんが、グリーン車並みに座席の間隔が広くてゆったり乗れます。
Phimg_0146
▼4号車の先頭部分 展望室やイベント広場になっています。
Phimg_0131
全面展望も見やすいです。
Phimg_0132
▼2号車はボックス席です。
Phimg_0122
フルフラットに出来るボックスもあるとのことです。
Phimg_0123
▼3号車の一部は物販コーナーで地酒やコーヒー
Phimg_0145
お土産・弁当なども販売しています。
Phimg_0144
『RESORT HYBRID』いいですね。
Phimg_0124

主に日曜日、1・3号の出発時刻に合わせて、なまはげ太鼓が披露されます。
写真撮影にも快く応じてくれた、心優しい『なまはげ』さん達でした。
Phimg_0119

午前8時20分 定刻に青森へ向って出発です。
Phimg_0147
この日は快晴! 八郎潟付近では男鹿半島の寒風山なども綺麗に見えました。
Phimg_0152
約50分で東能代駅に到着、ここまでは奥羽本線です。
Phimg_0155
リゾートしらかみ くまげら編成にそっくりなホームの待合室と五能線の起点を示す看板
Phimg_0154
広い構内を持つ駅にビックリ。
Phimg_0156
東能代駅を出発、ここから進行方向が逆になり五能線に入ります。
Phimg_0158
後方の風景 右に見えるのは秋田から走ってきた奥羽本線の線路。
Phimg_0159
5分程で能代駅に到着し、10分程停車します。
Phimg_0163
ここ能代はバスケの街 ということで駅のホームでシュートチャレンジ。
見事成功すると記念品がもらえます。
Phimg_0162
私は残念ながらゴールならず・・・
(つづく)

ポチッとよろしく!

| | コメント (6)

2019年5月17日 (金)

五能線の旅(1) 青森へ①

5月GW中の2日、10日間天気予報をチェックしたら、大曲の花火~春の章~開催日当日(11日)は晴れマーク。
(雨の中、花火を見るのは大変なのでパスするつもりでした)
11日に秋田へ行くことを決めて、旅行の計画を立てました。
五能線沿いの国道101号は何度も車で走ったことがありましたが、五能線に乗ったことが無かったので、今回は五能線で青森へ行くことに。

早速、福島駅で全車指定の『リゾートしらかみ号』の指定席を頼んだら往復とも海側の席を購入できるとのことで、今回の旅行が確定。
Phimg_9853
快速列車の指定席なので、料金は片道520円と格安で利用できます。

乗車券は五能線内を2日間乗り放題の『五能線フリーパス(3810円)』を購入。
このチケット福島駅では購入出来ないとのこと、秋田県内ならOKとのことで花火観覧前に大曲駅で購入しました。
P5111498
秋田駅~青森駅間、リゾートしらかみで往復しても一人5000円以内と格安で楽しめるんです。

そんなこんなで秋田駅に来ています。
秋田県へは何度も来ていますが、秋田駅に立ち寄るのは初めて、色々珍しい物が沢山ありました。
Phimg_0092
6月1日・2日には東北絆祭りで秋田竿灯祭りも福島にやって来ます。
Phimg_0094
やはり秋田新幹線のゲートは別なんですね(あたりまえか)。
色がこまち色?で判りやすいですね。
Phimg_0091
乗車する『快速リゾートしらかみ1号』の案内が出ています。
Phimg_0090
ホームへ向いましょう。
Phimg_0095
通路には記念撮影スポットとしてこんな模型が置いてありました。
Phimg_0098
リアル秋田新幹線こまちがホームに停まっていました。
Phimg_0102
男鹿線のキハ40が居たり
Phimg_0136
秋田駅近郊では701系電車が大活躍なんですね。
Phimg_0111
リゾートしらかみが発車するホームから先発するのは羽越本線『新屋駅』行?
新屋駅ってどこ? 帰宅後調べたら秋田駅から2駅先たった12分しか走らない列車、何故こんな列車が設定されているのか疑問が残っています?
Phimg_0108
2番ホームには、こんなポスターもあり、この先が楽しみです。
Phimg_0104
こんな乗車口板も懐かしいな。
Phimg_0105
7時55分 快速リゾートしらかみ(橅編成)が入線してきました。
Phimg_0114  
(つづく)

ポチッとよろしく!

| | コメント (8)

2019年5月16日 (木)

大曲の花火~春の章~(3)

5月11日(土) 大曲の花火~春の章~も最後となりました。
Phimg_9960 
20時27分 打留
対岸の花火師さん達と光のエール交換です。
Php5111519

大曲の花火~春の章~(3)を、『信夫の郷にて(花火別館)』にアップしましたのでお立ち寄りください。

花火終了後、大曲の西側にある日帰り温泉施設『スパ西遊喜』で汗を流し?
というより、さすが秋田の春、花火を観覧して寒かったので、体を温めました。

この日、仮眠のため向ったのは大仙市神岡地区にある『道の駅かみおか 茶屋っこ一里塚』
午後11時には夢の中・・・

5月12日(日) 午前5時起床!!
廻りが真っ白
Php5121521
結構な車が泊まっていました。
Php5121522
午前6時15分 出発
向った先は秋田市のJR東日本秋田駅付近。
ネットで調べた最安と思われる駐車場(最大24時間700円)に車を停め
Phimg_0616
向ったのは秋田駅
Php5121524
駅の東西を結ぶ通路の立派さにビックリしちゃいました。
Php5121527
さあ、お弁当を買って構内に入りましょうか。

ポチッとよろしく!

| | コメント (6)

2019年5月15日 (水)

大曲の花火~春の章~(2)

大仙市に昨年オープンした『はなび・アム』
昨年夏の花火大会時に行ったのですが、激込みで入れなかった施設
Php5111505
花火伝統文化継承資料館ということで、花火の歴史や資料を見ることが出来ます。
Php5131556
この資料館、駅近くにあるのでこんな風景も見えます。
Php5111506

午後5時を過ぎたので、雄物川沿いの花火会場へ。
ちなみに入場料は1000円です。
Php5111509
自由席は、こんな感じです。
Phdsc_1056
太陽が沈み初めても、こんな感じです。
Php5111511
ここは打ち上げ場所正面の指定席、入場料込みで3000円です。
Php5111516
指定席を購入すると、こんなカメラマン席で撮影出来ます。
Phdsc_1057

Phimg_9928
打上開始前にパンフレット(200円)を購入。
Php5140001
内容はこんな感じになっており、打ち上げ順番や花火の玉名等が紹介されています。
Php5140002
いよいよ打上開始です。

大曲の花火~春の章~(2)を、『信夫の郷にて(花火別館)』にアップしましたのでお立ち寄りください。

ポチッとよろしく!

| | コメント (4)

2019年5月14日 (火)

大曲の花火~春の章~(1)

5月11日(土) 秋田県大仙市大曲で開催された『大曲の花火~春の章~』を見るために秋田まで行ってきました。
(おまけもあります 笑)
午前8時15分 自宅を出発。
東北中央自動車道が開通したことで栗子峠越えが楽になり時間短縮となりました。
『最上川』の案内を見ると、現在朝ドラの再放送を放映している『おしん』を思い出してしまいます。
Php5111483
上山温泉付近の国道13号を走ると、先日開通した東北中央自動車道が横に現れます。
今回は時間があるし、土曜日の朝なので混雑も無いので有料区間は走らないことにしました。
Php5111488

Php5111491
昼12時には、秋田県に入って初めての道の駅おがちに到着できました。
ここまでの約半分は無料の自動車専用道路(東北中央自動車道)が完成しており、無料区間だけで4時間以内で秋田県入りすることが出来ます。
Php5111493
午後2時 大曲に到着。
初めに立ち寄ったのは、JR東日本大曲駅
Php5111502
翌日使用する物を購入(購入した物は後日アップします)。
Php5111495
秋田美人にも出会え(笑)
Php5111504
毎月どこかで花火が上がる街、秋田県大仙市の『花火暦』
Php5111503
今年の大曲の花火(夏)は、8月31日(土)なので注意が必要です(笑)。

大曲の花火~春の章~(1)を、『信夫の郷にて(花火別館)』にアップしましてお立寄りください。

ポチッとよろしく!

| | コメント (6)

2019年5月13日 (月)

バーチャル日本一周歩こうかい 半分経過

Aruku20190512
現在、島根県内を進んでいる私。
『バーチャル日本一周歩こうかい』では1周が8955㎞の設定なので、半分歩いたことになりました。

2017年1月から始めたので2年4ヶ月かかったことになります。
この調子では、完走は2021年秋頃になるのかな(笑)?

| | コメント (4)

2019年5月12日 (日)

散歩の楽しみ

散歩で歩く信夫山への参道(旧道)も木漏れ日が気持ちいい。
Phdsc_1043
山麓沿いの秡川は暗渠化され、人工のせせらぎが整備されており、いろいろな花が植えられています。
Phdsc_1044

Phdsc_1045

Phdsc_1046
我が家のベランダでは、昨年暮れに某BKから頂いたパンジーの苗がこんなに成長しています。
Phdsc_1047
コメント欄は開けておきますが、返事は遅れるかもしれません。

ポチッとよろしく!

| | コメント (6)

2019年5月10日 (金)

新緑の庭坂大カーブ

庭坂大カーブ、水田に水が張られたかな?
と思って出かけてみましたが、水を張り始めたところでした。
Phimg_9881
でも八重桜を見っけ!
Phimg_9906

詳しくは、『信夫の郷にて(花火別館)』にアップしました。

ポチッとよろしく!

| | コメント (6)

«しゃくなげの丘 by あづま総合運動公園