2018年2月19日 (月)

吹雪の庭坂大カーブ

色々あった2月17日、四季島を撮影後のこと。
福島市街地も吹雪いてはいたが、庭坂の大カーブへ到着したら・・・
ホワイトアウト状態。
どうしようかと思ったけど、ここまで来たら撮影して帰りたい(笑)。
Phimg_8129
 
▼15時42分 下りつばさ141号(141M)新庄駅行がやってきました。
Phimg_8131
後ろの方は見えないくらいです。
Phimg_8136
峠越え、大丈夫なんでしょうか?
Phimg_8138
 
▼16時14分 上りつばさ144号(144M)が7分遅れでやってきました。
7分程の遅れなら、福島駅で連結するやまびこ号は待っているのかな?
Phimg_8141
雪煙を上げて通過します。
Phimg_8147
 
Phimg_8150
直ぐに見えなくなりました。
Phimg_8151
 
▼16時17分 下り普通列車(451M)米沢駅行が3分程遅れてやってきました。
Phimg_8154
全体的に遅れ始めたのかな?始発福島駅から10分程の場所なんだけど?Phimg_8157
1日6本しか走らない下り普通列車に出会えてラッキーでした。
でも、普通列車が遅れなければ並んで撮影できたかも?
Phimg_8159 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年2月18日 (日)

色々あった2月17日(四季島や五輪など) 

平昌オリンピック フィギアスケート男子で、金・羽生、銀・宇野 おめでとう!

そんな平昌オリンピックのニュースを遅くまで見ながら眠って、今朝起きたらsnow
Php2182875
今日の積雪は何㎝ですか? 
Php2182876

さて、昨日17日の散歩の様子です。

いつも散歩でお参りする福島稲荷神社で
Php2172859
絵馬を掛けておく場所に、なぜか千羽鶴が沢山かかっているので不思議だったのですが、地元テレビで羽生結弦君のファンの方が復活を願って納めたものとのことでした。
Php2172860
全部では無いようですが、間違いなく羽生君のファンが納めた折り鶴もありました。
Php2172861
福島稲荷神社の由緒に安倍清明が記載されているからとか。Php2172862

昨日は稲荷神社からそのまま歩いて、福島駅西口にある福島県観光物産館(コラッセふくしま)へ。
この日から始まった南会津うまいものフェアへ。
Php2172867
相方が大好きな十念大福や漬物を購入。三角くじを引いたら「たまねぎのたまり漬」が当りました。
Php2172869
福島県オリジナル品種の『里山のつぶ』の試食&アンケートを記入して、お米を頂いてきました。
Php2172870
色々楽しんで外に出たら!
snowが結構降っていたのでバスで帰宅しちゃいましたcoldsweats01

午後からは、下り四季島が来るので、以前(2月3日)に撮影した金谷川駅~松川駅間の浅川踏切へ。
車中でオリンピックフィギアスケート中継を見ながら待ちました。
冷たい風と雪が舞っており、寒~~い日です。
前回はカーブの内側で撮影しましたが、今回は外側から狙います。
14時14分 普通列車が通過。暗くて・・・。
Phimg_8091
14時19分 貨物列車が通過?。貨物列車が遅れているのかな、この時間帯に貨物列車の設定無いと思うんだけど??
Phimg_8097
14時32分 ほぼ定時に四季島がやってきました。
Phimg_8106
雪も止み、太陽も少し出てくれました。
Phimg_8108
ボケてますね(笑)
Phimg_8114
四季島を見送って場所を移動です。
Phimg_8116

すぐ近くの上り線撮影ポイントへ。
14時46分 上り貨物(タンク専用車)を狙います。
Phimg_8125
仙台精油所から郡山油槽所への輸送が鉄道で行われています。
Phimg_8128
このまま帰宅しようと市内へ向かったら、雪が舞ってきました。
それならと、もう一か所狙ってみます。
つづく

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月17日 (土)

いいざか花ももの湯

しばらくspaに入っていないので
Php2082779
近場の飯坂温泉・ホテル聚楽の日帰り温泉(いいざか花ももの湯)へ行ってきました。
Php2082811
メール会員の相方は、誕生日祝いで入館料無料。
一般だと、ランチバイキングとのセットで2980円で利用できます。
Php2082810
日帰り温泉利用専用の受付ロビー。この日は結構空いていました。
Php2082782
内湯spa
Php2082784
洗い場も個別に仕切りがあって綺麗です。
Php2082798
露天風呂も色々あって
Php2082792
寝湯もあるけど、雪見では冬はチョッピリ寒いです。Php2082793
一日ノンビリしてこの値段はお得だと思います。
Php2082795
こんなお休み処もあります
Php2082800
11時半から14時半まで、ランチバイキングが利用できます。Php2082805
デザートも色々ありますhappy01
全品制覇はとても無理な品数です(笑)。
Php2082808
ランチバイキング以外にも、館内のレストランで食事noodleすることも出来ます。

帰りは福島交通飯坂線とご挨拶。
Php2082812
久しぶりにノンビリしました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年2月16日 (金)

西村京太郎 『予土線に殺意が走る』

Php1182629
西村京太郎著 『十津川警部 予土線に殺意が走る』 2017年9月20日発行 840円(税別) 祥伝社ノン・ノベル

国際的な音楽家やアスリートの興行を打つ「呼び屋」の東海元。
彼が次に選んだのは愛援宇和島の闘牛とスペインの闘牛士の対決だった。イベントはまたも大評判を呼ぶも、巨額の興行資金が回収されたかは不明。興味を抱いたN新聞の記者梶本は東海の秘書山田真由美に接近した。
同じ頃、多摩川河川敷で殴殺死体が発見され、十津川率いる捜査本部に東海と事件の関連を示す告発状が届く。
やがて、四国の予土線を走る、新幹線そっくりの“鉄道ホビートレイン”に東海が執着していたと判明、そして十津川が四国へ飛んだ!

新幹線計画のないJR四国に「四国新幹線」を!?とのことで登場した0系新幹線もどきのディーゼルカー『鉄道ホビートレイン』です。
楽しそうな車両、乗ってみたいな~。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月15日 (木)

四国上陸

バーチャル日本一周歩こうかい、兵庫県淡路島を通過して四国に上陸しました。
兵庫県は沖縄からの帰り、日本海側を通過します。
徳島県に入り、これで19都府県になります。
Aruku20180210
悪天候の日は、室内でこれで運動をしています(笑)。
Php2092816

散歩途中でツララを見つけました。意外とツララを見つけることは少ないんです。
Php2132844
暖かい日が続きます。このまま春を迎えられたらいいんですがネhappy01
Php2142849

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2018年2月14日 (水)

四季島 by 2月12日

2月10日下りの四季島は、大わらじ奉納の撮影で諦めました。
その分、12日の上り四季島は、前週に貨物列車と重なってしまった金谷川駅近くでと思ったのですが・・・・
朝から市内は猛吹雪でホワイトアウトになることも。
 
近場ならと、塗装工事が終わった松川鉄橋へ行ってみたけど・・・
Phimg_7955
(笑)車から出て写真を撮影できる状態ではありませんでした。

でも30分程で雪も止み、散歩するdogも現れました。 
Phimg_7958
仙台発福島行の普通列車が20分程遅れて通過、大丈夫か?
Phimg_7960
その後に通過する阿武隈急行は、前の普通列車が遅れた分、徐行しながら通過。
Phimg_7963
振り返った信夫山も真っ白です。
天気が一気に回復しました。
Phimg_7964

四季島がやってきました。10分の間に3つの列車が通過する激混みダイヤになっちゃいました。
Phimg_7968
最初の写真から1時間も経っていないのに!!
Phimg_7969
引っ張り過ぎちゃいました。
Phimg_7970
5号車(ラウンジカー)の黒色部分のエントランスドアが印象的な外観です。Phimg_7973
振り返って、信夫山と。
Phimg_7976
こんなに良い天気になるなんて!
金谷川駅方面へ行けば良かったかな?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2018年2月13日 (火)

信夫三山暁まいり(完)

信夫山ガイドセンター前を出発です。
大わらじの前で綱を引っ張っているのは、サッカーチームの少年達です。
Phimg_7897
ここまで登ると、街並みが小さく感じます。
Phimg_7900
この辺りまで来ると、道幅は大わらじ分くらいしかありません。
Phimg_7907
羽黒神社への登り口で体制を整えます。
Phimg_7912
ここからは、崖を登る感じです。
Phimg_7913
毎回感心するけど、人間の力って凄いんですよね。
昔お城を作るときも、こんな感じで材料を運んだのですかね?
Phimg_7916
もちろん、ここも撮影ポイント。
Phimg_7927
今年は雪が無く、足元がしっかりしていて良かったです。
奥に見える大わらじは、昨年夏のわらじ祭りで奉納したものです。
Phimg_7933
滑車を使って、皆で引っ張り上げます。
Phimg_7934
無事奉納できて、『バンザイ』
Phimg_7940
羽黒神社へ参拝して山を降ります。
Phimg_7947
帰りに『猫稲荷神社』へ立寄り
Phimg_7951
この朝天国に召された記事を読んだ、あさひvirgo家のcatのこと神様に頼みました。Phimg_7952
今年も無事、羽黒神社へ参拝できたので足腰大丈夫かな(笑)?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2018年2月12日 (月)

信夫三山暁まいり(2)

今朝起きてみたらsign03
Php2122834
市街地の雪も大半が融けたのに 
Php2122837
午前中に出かけたらホワイアウトになりそうな降り方 
Php2122838
昼頃には晴れ間も見えるようになりました。

10日の続きです。
11時40分 大わらじは福島駅前を出発です。
Phimg_7831
福島駅前から延びる旧電車通り(昔路面電車が走っていた道)を通ります。Phimg_7835
先日紹介した、新しくなった大原綜合病院の前を左折
Phimg_7840
福島稲荷神社境内で休憩。
Phimg_7844
担ぎ手の皆さんは昼食です。
私も自宅に戻って昼食休憩です。
Phimg_7848

先回りして、信夫山の麓で大わらじを待ちます。
Php2102818
この日の夜、信夫山の麓から羽黒神社まで駆け上がる競争が行われます。
オラ歩いて登るだけで息切れしちゃうのに、走って登るなんて考えられません。Php2102823
大わらじがやってきました。
Phimg_7857
ここから山登りが始まります。
Phimg_7859
普通に歩いて登るのもキツイ坂なんですよ。Phimg_7865
遠くに吾妻小富士が見える撮影ポイントなんですが、この日は霞んでいました。
Phimg_7867
黒沼神社で休憩。
ここで担ぐための櫓を外して、大わらじ本体だけにして身軽になります。
Phimg_7872
先回りして狙います。
Phimg_7876
これだけ登ってきました。
Phimg_7878
いくら身軽になったとはいえ、2トンあると言われる大わらじ、大変だと思います。
Phimg_7884
信夫山ガイドセンター前でも休憩。
信夫山PRキャラクター『わらじい』、今年はここに居たのですね。Phimg_7893
つづく

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年2月11日 (日)

信夫三山暁まいり(1)

信夫山三山暁まいり(しのぶさんざん あかつきまいり)は、信夫山に鎮座する羽黒神社の祭礼で、毎年2月10日、11日固定で行われます。
江戸時代から受け継がれたお祭りで、大わらじの奉納が行われます。昔、信夫山の羽黒神社に仁王門があり、安置されていた仁王様の大きさに合った大わらじを作って奉納したことが由来とされています。
この大わらじは、日本一で長さが12m、幅1.4m、重さ2tもあり、10日かがりで作成され、「わっしょいわっしょい」の掛け声で約10㎞の市内目抜きとおりを練り歩いた後、信夫山の羽黒神社へ奉納されます。

今年は、市内森合地内から追っかけます。
Phimg_7767
大わらじの行列は20分毎に休憩をとります。
前半は東北本線に沿って歩きますので、出来るだけtrainと一緒に。
でも、わらじが写りませんでしたね(笑)。 
Phimg_7772
東北本線を行く金太郎 
Phimg_7756
トヨタ専用貨物列車でした。
名古屋と盛岡間を部品輸送専用列車が運行しています。 
Phimg_7757
福島交通飯坂線の7000系も間もなく見納めです。 
Phimg_7765
この日は四季島も通過するのですが、時間的に厳しいのでこの日は諦めました。

大わらじは、そんな線路脇を市街地へ向かいます。 
Phimg_7777
森合ガードを通過。 
Phimg_7783
今年は週末開催となったので、沢山のカメラマン。 
Phimg_7785
飯坂線曾根田駅横へ。 
Phimg_7789
新幹線撮影でお世話になっている立体駐車場横で休憩。 
Phimg_7791
全体をパチリ。 
Phimg_7794
新幹線高架橋をbullettrainが通過
Phimg_7798
奥に見えるレトロな建物は曾根田駅です。
Phimg_7807
福島駅前通りを進む大わらじ。
Phimg_7809
福島駅前広場へ入っていく大わらじ
Phimg_7813
天狗さんが舞を奉納
Phimg_7818
つづく

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年2月10日 (土)

中野不動尊

国道13号線を米沢方面へ向かって、旧国道13号との合流付近にある日本三不動のひとつと言われている中野不動尊。
毎年この時期にお参りして、御祈祷してもらっているので、6日に行ってきました。
道路横には雪が残っていますが、道路は乾いていました。
Php2062771
祈祷する人が多い場合は本堂で祈祷するのですが 
Php2062769
今回は2組だけだったので、祈祷殿で拝んでもらいました。 
Php2062766
大日堂の1階からは、奥の院へ入ることが出来、さらに36童子が祀られている洞窟めぐりも出来ます。 
Php2062765
不動滝、2月下旬に行われる『歳祭り』では、水行が行われます。 
Php2062762
オラには無理です(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«備忘録(キクイモ、給湯器交換、避難所など)