2017年8月20日 (日)

JRA福島競馬場の花火大会

大震災の年を除き毎年開催されている『JRA福島競馬場の花火大会』。
ここ数年は他の花火大会と重なり見ていませんでした。
今年は、同日に開催される山形県鶴岡市の「赤川の花火大会」の天気がcloudrainマークが出ており、出かける気力が出ませんでした。
Php8131044
こちら福島の天気予報もcloudrain
いつも競馬場内のスタンド側で観覧しているし、風向きの予報を見ると反対側で見れないか歩いてみました。
阿武隈川の堤防上にあるサイクリングロードを歩いてチェック。
(↓右側に福島競馬場があります) 
Php8191052
どうにも、視界が開けている場所がありません。
Php8191049
スタンドが見えますが、多くの電線が邪魔をします。Php8191048
反対側からの観覧を諦め、スタンド側で見ることに。
打上40分前に会場到着、撮影しやすい出入口の上に場所を確保して開始を待ちます。
Phimg_3910
午後7時 打上開始直前には超満員になっていました。結構この花火大会の良さが広まったようです。
Phimg_3921
ただ風向きが・・・weep、予報通り微妙にこちらへ流れてくるので、ケムケムに。
さらに霧雨も時々降っている感じでした。
Phimg_3948
写真にすると、結構煙が写ってしまいます。
Phimg_3950
今日の風向きは左から右なので、反対側からでもケムケムだったのでは?
煙待ちで30分打上予定が延びて、午後7時45分打留になりました。

『信夫の郷にて(花火別館)』 に花火写真をアップしていますので、是非別館にもお立ち寄りください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月19日 (土)

福島とうろう流し花火大会

京都・滋賀・三重の旅報告、今日もお休みです。

8月17日(木) 福島県庁裏にあたる阿武隈川河畔で『福島灯ろう流し花火大会』が開催されました。
昔から続く、送り盆の行事として行われます。
今年は、灯ろうを阿武隈川に流すことはせずに河畔に並べるだけとのことでした。
Phimg_3835
かつては、福島花火大会も開催した場所なんですが、堤防の近くまで開発されたこともあって、大きな花火玉を上げることが出来なくなって場所を変えたんです。
そんなこともあって、大玉は期待出来ない花火大会なんですが・・・・
Phimg_3845
今年は、例年以上に小玉が多く、チョッピリ残念な花火となってしまいました。
Phimg_3890
今日も雨が降ったり止んだりの空模様、2週間以上青空を見ていない福島、花火観覧の気分になりません。

信夫の郷にて(花火別館)にもアップしていますので、併せてご覧ください。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年8月18日 (金)

京都・滋賀・三重への旅(7) 湯の山温泉希望荘

新名神高速道路・東名阪自動車道を経由して向かったのは、『湯の山温泉希望荘』。
四日市市から国道477号で鈴鹿スカイライン方面へ向かって、少し山登りを始めた場所にある温泉地でした。
Phimg_3587
フロントでチェックイン後、奥へ向かうと・・・!!!。
Phimg_3590
ケーブルカー乗り場があって、本館(宿泊場所)へ向かいます。
Phimg_3597
部屋を開けて・・・・再び!!!!!
こんな景色が眼に飛び込んできました。Phimg_3601
幹事さんが部屋を指定して予約してくれたようです。Phimg_3602
一部屋しかない部屋だけど、特別料金は不要だそうです。
Phimg_3599
夕飯を頂いたお部屋からも、パノラマビューです。
Phimg_3610
夕食の一部です。
Phimg_3609
beerbottleに忙しく?この後の写真は撮れませんでしたcoldsweats01
Phimg_3616
こんな夕焼けを見ながらのbeerは最高です。Phimg_3618
部屋に帰ってからも、皆で夜景のcamera撮影会coldsweats01Phimg_3626
綺麗な夜景でした。
Php8090992
翌朝はcloud。天気が良かったら素敵な風景だろうな。
Phimg_3632
朝風呂へ。
貸切だったので撮影させてもらいました。
内湯からも、同じような風景を眺めることが出来ます。
Php8100996
朝食会場も赴きありますね。
Phimg_3633
朝食はバイキングです。
Php8101000
これだけの、部屋&料理&温泉に飲み物代までで一人12000円も払わなくて済みましたw(゚o゚)w。
最高のコスパでした。

さて最終日は・・・。
(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年8月17日 (木)

京都・滋賀・三重への旅(6) 信楽&忍術屋敷

旅2日目の昼食は、「近江日野牛 岡崎」。
こちらのお店は、牧場・精肉店も経営されているお店の直営だそうです。
Php8090974
リーズナブルなランチメニューもあるようですが 
Php8090976
この日は、チョッピリ贅沢なランチ「近江牛肉づくし御膳」2,200円を頂くことに。 
Php8090978
塩焼きビーフ、牛カツ、焼き肉の近江牛3品をいただきました。 
Php8090980
牛カツ、初めて食べたかも? 
Php8090981

食後向かったのは、信楽高原鉄道信楽駅。
大きなタヌキさんが出迎えてくれます。
Phimg_3524
ホーム(現在未使用)では沢山の小タヌキが迎えてくれるようです。
Phimg_3529
終点の鉄路って・・・・ 
Php8090984
車庫に居たSKR400系をパチリ。 
Phimg_3532
陶芸村を見学 
Phimg_3536
登り窯跡も見れます。 
Phimg_3541
 
Phimg_3548
陶芸の森にも立寄って 
Phimg_3566
色々な信楽焼(下記の写真は全部、蚊取り線香置)を見せてもらいました。 
Phimg_3553
ちなみに駐車場の車止めは、dogでした。
Phimg_3551
でもやはり信楽と言ったらタヌキさんが有名ですよね。色々な表情のタヌキさん。 
Phimg_3563

この日最後に立寄ったのは、甲賀市の「甲賀流 忍術屋敷」 
Phimg_3571
今も残る本物の忍術屋敷だそうで、甲賀望月氏本家旧宅だそうです。 
Phimg_3581
色々な仕掛けが残っており、見たり体験したりできます。 
Phimg_3586
この日の予定はこれで終了、宿泊地へ向かいます。
(つづく) 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月16日 (水)

京都・滋賀・三重への旅(5) 彦根城

1日目、泊ったのは彦根駅前のビジネスホテル。コスパ的に満足のホテルでした。
部屋の窓から見える、正面ビル群の間に彦根城が見えます。
Phimg_3428
ここ彦根駅は、JRの他に近江鉄道も乗り入れてるんですね。
構内に電気機関車等や懐かしい車両が見えるので?
帰宅後調べたら、近江鉄道ミュージアムとして1ヶ月1回程度一般公開しているようです。
ちなみに、近江鉄道は西部鉄道グループとのことです。Phimg_3430

午前8時30分 開園と同時に「玄宮園」へ
ここは、彦根城の北東にある大名庭園とのこと、紅葉時は見事だろうな。
Phimg_3434
コンデジのパノラマモードで撮影してみました。
Php8090967
池に写る彦根城いいですね。
Phimg_3440

開国記念館で開催されていた、おんな城主直虎スペシャル企画「大河ドラマに見る井伊家」に
Phimg_3449
直虎と記念撮影
Phimg_3451

いざ彦根城へ
Phimg_3454
太鼓門櫓と青空
Phimg_3455
太鼓門の奥に見えるのは佐和山。
佐和山城跡が彦根にあったこと(彦根城を築城して、佐和山城を廃城にしたんですね)を初めて知りましたcoldsweats01
Phimg_3461
本丸まで上がってきました。
息切れしました、昔の武士は健脚だったのですね。
Phimg_3464
国宝の天守へ登ります。
城主は、毎日びわ湖を眺めていたんでしょうね。
Phimg_3475
北東方面の眺め
Phimg_3478
もう一度天守を
Phimg_3493
10時も過ぎたので、本丸から降りましょう。

10時30分 彦根城博物館に、ひこにゃん登場です。
Phimg_3500
暑い中ご苦労さんです。 
Phimg_3509
大人気の「ひこにゃん」です。 
Phimg_3515
(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月15日 (火)

伊達のふる里夏まつり

京都・滋賀・三重の旅報告は、今日はお休みです。

この時期県内でも各地で花火大会が予定されていますが、今週はず~~と雨の天気予報、しかも梅雨時のように寒い。
花火を見に出かける気持ちが萎えています。
今週予定していた花火観覧は全てキャンセルかな?

先週土曜日8月12日は、何とか天気が持ったので、近場の伊達市梁川地区で開催された「伊達のふる里夏まつり」の最後を飾った花火大会へ行ってきました。
打上開始20分前に祭り会場に到着。灯ろう流しをパチリ。
Phimg_3743
20時15分 打上開始です。
お祭り会場を照らすライトが点きっぱなしです。
歩行者の安全のため、街路灯などは点いたままは仕方ないんですが、花火を上げるなら照明は消そうよ。
Phimg_3747
プログラムは、小玉のスターマイン&5号玉?数発を上げるパターンの繰り返し。Phimg_3753
ちょっと場所を移動してライトが入らないようにすると川面が入らないんだよね。
Phimg_3778
一部のflairは消してくれたけど・・・
Phimg_3794
街中に近い小高い山から上げているから、ワイド感は無理なんだろうな。
Phimg_3822
21時 打留め
渋滞もなく、30分程で帰宅できました。
RAWで記録した後、JPGに変換してみましたが、私には同じに見えるんですよね。

信夫の郷にて(花火別館)」にも写真をアップしておきました。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年8月14日 (月)

京都・滋賀・三重への旅(4) びわ湖大花火大会

8月8日 びわ湖大花火大会の開催日。
私が花火好きなのを知っている幹事さんが、この日に併せて旅行日程を設定してくれました。
台風5号の影響で開催が危ぶまれましたが、無事開催となりました。
予約してくれたのは、遊覧船ミシガンのスカイデッキから花火を観覧するコースです。
それにしても、大きな船が就航していることにビックリです。
Phimg_3270
飲食付き(食べ放題・飲み放題)なので、ゆったりと過ごすことができます。
Phimg_3266
堤防の先にある台船は、花火打上用筒で一杯。
Phimg_3267
湖岸に沿って、人人人。
Phimg_3271
花火師さん達が船で台船に向かいます。 
Php8080958
しかし大津市の湖岸はマンションが林立してるんですね。
左側に見えるのはびわ湖競艇場、ここも団体専用の観覧場所になるようです。
Php8080962
やっと大津港を出向です。
Phimg_3272
あのマンションからの花火観覧最高だろうな。
Phimg_3275
観光船に乗ったのも久しぶりです。
Phimg_3277
遠くに、琵琶湖大橋が見えています。一度だけ通ったことがあります。
Phimg_3280
びわ湖大津プリンスホテル、宿泊費高いんだろうな?
Phimg_3288
午後7時30分 打上開始です。
Phimg_3282
遊覧船からの花火観覧だったので、花火撮影は諦め、観覧することに専念して、三脚等を持参しませんでした。
船は停まっていると言っても微妙に揺れるし、船室のお客さんに平等に花火を見せるために、時々左右の向きを変えるんですよね。
Phimg_3319
ブログでアップ出来るような写真では無いですが、雰囲気を知ってもらえればと思います。
Phimg_3399
たぶん人生で一度だけ、船からの花火観覧。思い出になりました。
Phimg_3349
それにしても、カップルが多かったな~coldsweats01
Phimg_3358
視界全部が大好きな千輪花火
Phimg_3408
午後8時30 打留めです
Phimg_3418
花火にあまり興味の無かった友人達も、感動していました。もちろん私もhappy01
動画投稿サイトに投稿されていた映像を貼り付けておきます。映像の初めに私が乗船したミシガン号も写っています。


午後9時過ぎ下船
Phimg_3427
浜大津駅へ向かいましたが、長蛇の列。いつtrainに乗車出来るか判らない状況なので膳所駅まで歩くことに。
午後10時膳所駅近くの駐車場に到着。名神高速道路で移動。
午後11時彦根市内のビジネスホテル到着 楽しい一日でした。
 (つづく)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

京都・滋賀・三重への旅(3) 琵琶湖へ

16時過ぎ京都駅に戻ってきました。
コインロッカーから荷物を出して東海道本線で滋賀県へ向かいます。
京都駅0番線の先、切り欠けホーム(30番線)に関西空港へのアクセス特急列車『はるか』(281系電車)が停まっているではないですか。
Phimg_3238
0番線(0番ホーム)に東海道本線(琵琶湖線)の普通列車がやってきました。
私が写真を撮っているのが2番ホームですから、その間にある線路(通過線)が1番線ですが、1番ホームはありません。
Phimg_3239
琵琶湖線で膳所(ぜぜ)駅へ。友人の車に荷物を入れて再度電車に乗ります。
今度は、京阪電気鉄道石山坂本線で移動です、人が多いです。
Php8080956
浜大津駅で降りました。
降りてビックリ!鉄道関係の番組で良く見かける駅じゃないですか。
降りるまで知りませんでした。
Phimg_3243
京津線の800系が併用軌道区間を走ってきて交差点を横断して浜大津駅に入っていきます。
この800系、京都市営地下鉄に乗り入れています!!併用軌道区間を走る列車が地下鉄に乗り入れるなんてsign03ですよね。
Phimg_3245
交差点で石山坂本線600系・700系が交差します。
下写真の浜大津駅の奥からは専用軌道を走ります。
Phimg_3252
浜大津駅から歩いて大津港旅客ターミナルへ向かいます。
Phimg_3257
幹事さんが予約してくれました。
Phimg_3261
ミシガンクルーズ、しかも最上階のスカイデッキです。
Phimg_3259
午後6時 入船です。
Phimg_3263
いい眺めです。
Phimg_3264
この先が楽しみです。
(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

京都・滋賀・三重への旅(2) 宇治で世界遺産

昼食をとっている間に雨も上がってくれました。
世界文化遺産に登録されている「宇治上神社」へ立寄りました。
Phimg_3195
拝殿と
Phimg_3189
神社建築では、日本最古の本殿だそうです。
Phimg_3191
御朱印もいただきました。
Phimg_3732
さわらびの道を通り「宇治川」に出て、あの橋を渡ると平等院まで直ぐだよ・・・・
Phimg_3197
と言われたのですが、台風の影響で通行止めになっており
Phimg_3199
遠回りして平等院へ向かいましたcoldsweats01Phimg_3205

世界文化遺産の「平等院」鳳凰堂を右側から
Phimg_3213
正面から 青空ならもっと映えるんでしょうが。
Php8080952
左側から 水面に写る建物が素敵ですね。
Phimg_3218
屋根上の金色の鳳凰像
Phimg_3222
平等院 御朱印は2種
阿弥陀如来
Phimg_3737
鳳凰堂
Phimg_3738
JR奈良線の宇治駅まで歩きます。
こんな郵便ポストがありました!
Phimg_3226
この日は、台風一過で暑くてたまらないので、駅横の案内所でクールダウン
Phimg_3228
さて、次の目的地に向かいます。
103系車両がやってきました。
Phimg_3234
扇風機は「JR西日本」の表示になっていました。
Phimg_3235
午後3時30分を過ぎました。次の目的地に急ぎましょう。
(つづく)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

京都・滋賀・三重への旅(1) 宇治へ

8月8日から2泊3日で、恒例となった学生時代の友人達との旅に行ってきました。
今回の幹事は、滋賀県在住の友人なので、京都・滋賀・三重への旅となりました。
関西方面へは2006年以来です。

8月8日午前6時33分 東北新幹線福島駅始発電車の「やまびこ202号」で東京へ向かいます。
Php8080915
この列車は16両編成のうち11両が自由席、東京駅着が午前8時16分という、通勤利用型のダイヤ・編成になっています。
Php8080917
前日まで猛威をふるった台風5号の影響もなく、定刻通り東京駅に到着しました。
東京駅で、東北新幹線のE5系と東海道新幹線のN700系の揃い踏み。
Php8080922
東京駅午前9時発 東京在住の友人と合流、「のぞみ213号」で京都へ向かって出発です。
Php8080926
185系特急踊り子号と並走
Php8080928
前日までの雨の影響?川は濁り、雲は厚くfujiの姿は全く見えませんでしたweep
Php8080932
東海道新幹線に乗ったのは何十年振りでしょう、記憶が無いくらいに前です。Php8080934
午前11時19分京都駅着 幹事さんと合流。
手荷物を構内のコインロッカー(今時のコインロッカーは、カギが無いんですね!coldsweats01)に預け奈良線へ。
0番ホームに居た683系4000番台、折角なので久しぶりに683系0番台を見てみたかったな。
Phimg_3162
JR西日本の221系快速列車がホームに待機していましたが、快速が停まらない駅での乗り換えだったので後発の普通列車で南へ。
Php8080940
東日本では見れなくなった103系とすれ違い。 
この時だけ、台風のなごり?けっこう激しい雨が降ってきました。
Phimg_3163
途中で京阪宇治線に乗り換え、三室戸駅で下車
Php8080944
お昼は「伊藤久右衛門」宇治本店の茶房で
Phimg_3174
抹茶そば かやくご飯・ミニあんみつ付(1188円税込)をいただきました。
Phimg_3170
若い女性達が食べていた「宇治抹茶パフェ」も美味しそうだったな~(詳細はこちら

食後向かったのは、「宇治市源氏物語ミュージアム
Phimg_3182
源氏物語を少し勉強してから見ると違ったのかも?
Phimg_3180

さて、世界遺産へ向かいます。(つづく)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

«残暑お見舞い